The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

グラウンドバックネット・鉄部塗り替え及びネット交換について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(グラウンド)
施工内容 グラウンド内防球ネット交換及び鉄部塗装
目的 錆びた鉄骨を塗装にて保護すると共に破れた防球ネットを修繕させる
施工経緯 お客さまからのご依頼

グラウンドバックネット・鉄部塗り替え及びネット交換のようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。

本日の施工レポートはバックネットの工事です。
このバックネット、野球のボールなどが後ろに飛んで行かないように、防いでくれているんですよね。

状態を見るに、長い間頑張ってきたんでしょう!!
結構くたびれていました。

工事内容は、バックネットのネットの交換及びバックネット躯体の塗り替えをになります。

バックネットの現状ですが、躯体にはサビが見られ全体に広がっていました。
また防球ネットは、色んな場所が破れ損傷が見られました。

まずは防球ネット躯体の塗装を行っていきます。
躯体に発生した、さびを落とすためケレン作業を行います。

ケレン作業終了後に、塗装を行います。

その後、中塗り・上塗りを行い、新しくネットを設置します。
それでは、バックネット改修及び躯体塗装の施工写真をご覧ください。

バックネット交換及び躯体塗り替え施工前になります。

バックネット交換及び躯体塗り替え施工前になります。まず既存バックネットを撤去します。その後塗装を行うための下地調整としてケレン作業を行っていきます。

施工は滝沢が担当します。足場を設置するとコストが高くなるため、今回の作業では、高所作業を使用します。

左の写真はケレン後に、サビ止めを塗ったようすです。右の写真は中塗り作業になります。

左の写真はケレン後に、サビ止めを塗ったようすです。右の写真は中塗り作業になります。高所作業車にて作業を行っています。

下塗り完了(サビ止め完了)→ 中塗り塗装作業状況になります。

左の写真は中塗り完了のようすです。右の写真は上塗り完了後のようすです。サビていたバックネットもキレイに再生されていきます。色が緑になると、バックネットって雰囲気がでてきますね

左の写真は中塗り完了のようすです。右の写真は上塗り完了後のようすです。サビていたバックネットもキレイに再生されていきます。色が緑になると、バックネットって雰囲気がでてきますね

中塗り完了→上塗り完了になります。

バックネットの躯体塗装が完了し、ネットが取り付けられていきます。さびや損傷が見受けられたバックネットが生まれ変わりました。いかがでしょうか!?改めてボールが後方に行くのを防ぐとともに、人をケガなどから守ってくれますね。

バックネットの躯体塗装が完了し、ネットが取り付けられていきます。さびや損傷が見受けられたバックネットが生まれ変わりました。いかがでしょうか!?改めてボールが後方に行くのを防ぐとともに、人をケガなどから守ってくれますね。

施工完了・バックネットが生まれ変わりました。

ありがとうございました。
コートラインプロでは、体育館の間仕切り防球ネットをはじめ、グラウンドの防球ネットの修繕・改修などを行っています。
各種防球ネットの工事、ご相談ください。