The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

体育館アリーナ床研磨塗装・床改修工事について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工地域 千葉県社会体育館
施工場所 体育館床スポーツアリーナ全面研磨(フローリングサンディング)・ポリウレタン樹脂塗料3回塗り・バスケットボールコートライン引き・6人制バレーボールコートライン引き・バドミントンコートライン引き・ミニバスケットボールコートライン引き(コーナー)
施工内容 既存体育館床スポーツフロアー改修
目的 体育館床スポーツフロアーに床研磨塗装改修を行いより良いフロアーコンディションに
施工経緯 お客さまからのご依頼

千葉県内の体育館アリーナ床の研磨塗装改修を行いました。
地域に親しまれている社会体育館で、スポーツ活動や文化活動などに利用されています。

アリーナの状況としては、フローリングに損傷ヵ所や不良ヵ所がほとんどありませんでした。
改修内容はアリーナ床をサンダー掛けで削り出し・ポリッシャー研磨を行います。

その後、スポーツ競技用のコートライン引きを行っていきます。
体育館アリーナ床のスポーツ設備は以下の通りです。

広さ 1,384㎡(1,384平方メートル)
ライン設備 バスケットボールコートライン2面・ソフトバレーボールコートライン6面・6人制バレーボールコートライン2面・バドミントンコートライン6面
その他の体育設備 トレーニングルーム・ランニングロード
その他の設備 更衣室・ラウンジ・ホール・固定観覧席604席

スポーツアリーナ床の研磨塗装のようす

スポーツアリーナの床研磨塗装を行っているようすです。
バスケットボールコートライン引き替えの跡がありました。

旧バスケットボールコートラインの跡が白いまま残っていました。施設の状況や既存塗膜によりますが、着色をすることで新コートラインの見やすさが向上します。
バスケットボールコートラインの変更の際に旧コートラインを除去しますが、その際にどのような施工をするのかを把握しとかなければなりません。

本工事では全体をサンダー掛けで削り出すため、ほぼ白木の状態に戻ります。
やはり、ラインの見やすさを考慮するならば研磨塗装が良いといえるでしょう。
大会やスポーツに力を入れている施設さまであれば、この工法がおすすめです。