ここに注目すると違ったバレーボールの魅力が発見できるかも

スポ女チエ

バレーボールのさらなる楽しみ方を教えるね。バレーボールをますます好きになっちゃってください。

ツカサ

女子のバレーボールも楽しいけど、男子バレーボールの迫力は一度見たら虜になっちゃうよ。
ワンプレーごとに目が離せなくなるよね!!

バレー観戦

バレーボール現在ももちろん人気ですが、以前、全日本バレーボールがとても人気な時期がありました。

その当時の柳本ジャパンになりますが、とても強いチームだなと感じました。
選手は高橋選手と竹下選手のコンビが女子バレーを引っ張っていましたね。

今は荒木選手が現役に帰ってきてたり当時若かった木村沙織選手はキャプテンとしてチームを引っ張っており、監督は変わりましたが更なる活躍を期待してます。

バレーボールのルールを覚えましょう

バレーボールを見る楽しみ方はまずルールを覚えていただきたいです。

決してバレーボールのルールは難しくないのでどんな方でも楽しめるんじゃないかなと感じます。

バレーは24点先取の3セット取ったら勝利となります。

オリンピックなどでは世界ランキングがあるのでどのチームと対戦するかによってランキングを見て観戦するとより楽しめます。
ところで、テレビなどでバレーボール観戦ができる機会が増えていませんか?

それだけ日本ではメディアへの露出が多くなりバレーボールが身近な存在になっているんでしょうね。

テレビのおかげでバレーのルールも覚えましたし、選手一人一人の特徴なども知る事ができるようになりました。
現在も強いと思いますが、セッターでは竹下選手の実力が素晴らしいと思います。

セッターはアタックするまでにトスするポジションです。
セッターのポジションは特に重要で、試合中の短い瞬間の中でどの選手にトスするのかを見極めるのはとても難しいのです。

バレーボールはエースアタッカーに光が当たりがちですが、選手一人一人の特徴を知り尽くした上で優れた判断力発揮する、セッターの方に注目して見ています。

セッターは司令塔の出来ひとつで試合が決まってしまうといっても過言ではないほど、重要なポジションだと感じます。

そしてひたすらボールを拾うポジションのリベロもとても大変ですし大事なポジションですよね。
世界レベルの長身のアタックを受けるリベロはほんと見てて迫力がありますよね。

どんなボールでも懸命に拾い続けるリベロはほんとすばらしいといつも感心しています。

バレー観戦をする時ぜひ『セッター』や『リベロ』の選手にも注目して見て見てくださいね。

 

The following two tabs change content below.
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。