群馬県嬬恋村学校床研磨塗装工事

中学校食堂研磨後

群馬県内小中学校床研磨塗装工事

施工場所 小中学校教室フローリングフロア・廊下フローリング・食堂室フローリング
施工内容 フローリング研磨塗装
目的 教室のフローリングを再生・廊下のフローリングを再生・食堂室のフローリングを再生
施工経緯 お客さまからのご依頼

本日より群馬県内の小学校及び中学校で床の研磨塗装工事が始まりました。
小学校は2F廊下と教室2部屋、中学校は食堂室の研磨塗装工事となります。
作業初日なので、私も立ち会いました。
それぞれ担当してもらう職人さん達に施工箇所や作業中の注意事項を説明してきました。
どの現場でもそうですが、作業中の注意事項を作業してもらう職人さん達に説明しておくことでちょっとしたトラブル対策になると思います。
帰り際、夏場の作業なので職人さん達に熱中症対策を忘れないでくださいとお願いしてきました。

群馬県内小中学校 研磨塗装工事1群馬県内小中学校 研磨塗装工事2

フローリング研磨塗装フローリングを薄く削っていく作業です。
研磨回数を増やすことで、深く削ることもできますが、フローリング自体が雄と雌で接合されています。
フロアー用スクリュー釘、あるいはフロアーステープルによって雄部分から下地へ固定されています。
そのため、削りが深すぎるとフローリングからまでの距離が短くなり、構造として弱くなってしまいます。
今回のような教室床のメンテナンスを考えた時、削りを行って塗装をするという考え方と、数年に一度、フローリング素地が痛む前にウレタン塗装を行うという考え方があります。
どちらが施設に適しているのかを考慮して、メンテナンスを行うことをおススメします。

 

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!