タッチラグビーとは!?

タッチラグビーとは!?

数多く存在しているスポーツの中には激しさが満載のスポーツもあります。

中でもラグビーは相手からの強力なタックルで吹き飛ばされてしまう程の威力もあり、スポーツを越えたスポーツともなっています。
しかしラグビーの中には強力なタックルが無いラグビーもあるのです。

それは「タッチラグビー」です。

タッチラグビーは1960年代のオーストラリアのラグビー選手がウォームアップとしてタックル無しのラグビーを行った事が発祥ともなっており、激しさもなく簡単な競技方法となっている事で、競技人口も増えていきました。

相手にタックルをしないでタッチをするスポーツとなっている事で屈強な肉体が求められず子供でも手軽に楽しめるスポーツとなっています。
日本では1989年に口元周策によって紹介され、現在ではJAPANカップや学生選手権といった公式試合も開催されるスポーツとなっています。

さらにはサッカーのように4年に1度world cupが開催される程人気となっており、2003年には日本で開催され3位という輝かしい功績を残しています。

どんなスポーツ!!

そんな近年、人気や知名度が高まっているタッチラグビーについてご紹介します。

・1チーム14人まで登録可能で出場は6人。選手の抗体は何度でも可能。
・試合開始は軽くキックでボールを蹴り両手でボールを拾い開始される。
・ボールキャリアの体に6回タッチされると攻守交替となる。

タッチは片手でも両手でも可能となっているが、強く押したりケガに繫がる様な危険なタッチを行うと反則となる。

・ボールキャリアはタッチされるまで走り続けたり横や後方へのパスが可能となっている。前方へパスを行うとフォワードパスの反則となる。
・ボールキャリアがタッチされたにも関わらずパスを行うとタッチ&パスという反則になる。
・タッチされていないにも関わらずロールボールを行うと反則となる。
・ロールボールでプレー再開となった場合、ディフェンスはマークしている人から5m離れなければならない。
・ディフェンスがロールボールで5m離れない場合やタップ10m離れない場合には反則となる。
・プレー中にボールを落としてしまうと攻守交替となる。
・ボールキャリアがスコアライン上や越えてボールを地につける事でトライとなる。
です。

 

関連記事

  1. シャフルボードとは!?

  2. トップアスリートのまちに誕生、赤羽体育館について

  3. アウトドアチャレンジレースとは!?

  4. 羽根付き?バードゴルフとは!?

  5. 知らないスポーツでも、もっと楽しく観戦できる!?その方法とは!?

  6. ケガを予防するおススメウォーミングアップ