The following two tabs change content below.
アバター
霜鳥 裕達
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年以上になります。まだ小さかった頃、母親が自分を背中にしょってダボ打ちをしていたそうです。【想い】大切な会社、携わる方と共に成長し、幸せにしていきたいです。またホームページやメールマガジンでより良い情報をお届けします。もっとクオリティの高い記事が書けるよう頑張ります。

標高1700mの高地で全長約6kmをウォーキングやジョギングで走破するイベントとは⁉

みなさんこんにちは
コートラインプロです。

全国各地で様々なスポーツイベントが開かれています。岐阜県にも、多くのスポーツイベントがありますが下呂市では『飛騨小坂おんたけパノラマウォーキング&ジョギング』が人気となっています。

本日は、そんな『飛騨小坂おんたけパノラマウォーキング&ジョギング』についてご紹介します。

そもそもパノラマウォーキング&ジョギングとは⁉

飛騨小坂おんたけパノラマウォーキング&ジョギングとは岐阜県下呂市で行われるスポーツイベントです。

今年で4回目を迎え、毎大会ゲストなども迎えているためアスリートだけでなく、一般の方の健康づくりとしても最適なイベントです。

どんなコースを歩くの?

参加者全員で標高1700mの高地で全長約6kmをウォーキングやジョギングで走破します。

前回第三回目のイベントでは高地トレーニングの拠点となる御嶽濁河高地トレーニングセンターを出発し全長6.2km高低差97mの椹谷林道コースでした。

今回も全長6.3km、最高点1,727m、最低点1,630m、標高差97mの椹谷林道コースです。

他にどんな楽しみがある?

今回は講師として教育学博士、東京大学名誉教授である小林寛道先生がイベントに参加します。

さらに東大式ウォーキング講座という講習会も開かれるので興味がある方は参加してみると面白いかもしれません。

また岐阜県下呂市は温泉街としても有名ですのでジョギング、ウォーキングが終わった後温泉に入って疲れを癒すこともできます。

参加に必要なものは?

参加資格に健康に自信のある人(年齢不問)とありますのでまずは現地に行くまでに体調管理をしっかりしましょう。

小学生以下の参加者がいる場合、保護者・引率者同伴が必要です。

また持ち物としては飲み物、雨具、帽子、運動靴または履きなれた靴そして参加費1000円があれば困ることはないでしょう。

会場付近には食事処がありません。
そのため食事は持参することをお勧めしますが、お弁当の注文も1,000円でできますのでそれを利用するのもいいかもしれません。

当日は7時から小坂診療所前より会場行きバスが出ます(往復500円)

申し込みはどこからできるの?

ここまでイベントについて説明をしてきましたが、いざ加したいとなったときどのように申し込みをしたらよいのでしょうか。
申し込みはメール、FAX、郵送などでできます。

詳細はこちらの公式HPにすべて書いてありますのでこちらを参照してみてください。

公式ホームページはこちらから

最後に

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございます。

健康のために、スポーツを行う方もたくさんいますが、スポーツイベントへの参加、完走という目標を持つことで、更に充実した時間を過ごせると思います。

各地で行われているスポーツイベント参加してみてはいかがでしょうか⁉