The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

2018香取小江戸マラソン大会について

みなさんこんにちは
コートラインプロです。

全国各地で様々なスポーツイベントが開かれています。本日は、『香取小江戸マラソン大会』についてご紹介します。

大会詳細

日本遺産に認定されたほどの情緒溢れる歴史的な町並みをコースに設定されていることでも有名な香取小江戸マラソン大会が今年も開催されます。
千葉県香取市にある香取神宮をメイン会場として2018年12月9日(日)に行われます。

今年は10,000メートル走の日本女子記録保持者であり2004年のアテネオリンピックでは5位入賞を果たした渋井陽子さんもゲストランナーとしてこの大会に参加されます。
ベストタイムを目指して真剣に走るも良いですし、きれいな景色を楽しみながらマイペースで参加するのもまた楽しいこの大会。
各部門8位まで表彰されるほかに、特定の順位の人が貰える「とび賞」や、ちょっと変わった「仮装賞」などもあるのでただマラソンでタイムを競うだけでなくどんな人にでも表彰されるチャンスがあるのです。

コースは10キロ、5、キロ、2キロのコースがあるので、ご自分のレベルや体調に合わせて選ぶことができます。
香取神宮てからスタートして、メインの10キロコースでは香取街道や小野川沿いの重要伝統的建造物群保存地区に選定されている江戸情緒を感じられる町並みを走ります。

会場では地元の特産物のサービスもあり、マラソンが終わった後の観光も楽しめるのもいいですね。
東京からも車で70分ほどの距離ですし、ちょっとした日帰り観光気分で一日楽しめますよ。

マラソンなんてしたことないし、そんな体力はないわと思っている方でも、年々盛り上がりを見せている仮装ランナーとしてなら気軽に参加できるかもしれません。

各々好きな仮装衣装に身を包んだランナーが伝統的な情緒あふれる街並みを走る姿は見ている方もなんだか微笑ましくなってつい応援したくなります。
黒づくめのバットマンだったり、タキシード姿の男性だったり、赤鬼のお面をつけて疾走する人だったり、マラソン大会なのか、仮装大会なのかわからないくらいです。

こんな種目ならば日頃の運動不足の解消にもなるし、仕事で溜ったストレスの発散にもなるのではないかと思います。

名物のさつまいもを使った素朴なふかしいもや、あたたかい豚汁などの 地元の方からふるまわれる食べ物も魅力のマラソン大会ですよ。

最後に

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございます。

健康のために、スポーツを行う方もたくさんいますが、スポーツイベントへの参加という目標を持つことで、更に充実した時間を過ごせると思います。

情緒溢れる歴史的な町並みを走り抜けてみてはいかがでしょうか。