2013年夏の甲子園【前橋育英VS常総学院】

スポ女チエ

スポーツは一瞬のプレーで試合の流れが変わり、その勢いのまま勝つときもあれば、雰囲気にのまれて負けてしまう事もある。
難しいよね?

ツカサ

高校野球は特に最後の最後まで何が起こるか分からない、
ドラマが起こりやすいから試合終了まで目を離すことができないだよな~。
この時だって前橋育英が優勝するなんて誰も予想してなかったと思うよ。

2013年夏の甲子園、群馬代表・初出場の前橋育英は後にドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団する2年生エース高橋光成を軸に“攻撃的守備”といわれる堅い守りで8強まで駒を進めました。
しかしベスト4をかけた準々決勝で茨城・常総学院の好右腕、内田晴海が立ちはだかります。

この試合、前橋育英の先発は高橋光ではなく背番号10の喜多川省吾でした。

その喜多川は2回に2点を失うものの、巧打の常総打線を5回までこの2点に抑えます。
6回からは高橋光が引き継ぎ、4連続を含む10個の三振を奪い常総学院に追加点を許しません。

しかし打線は飯田に対し8回まで6安打無得点に抑えられます。

7回裏には二死満塁としましたが、高橋光は三振に倒れ試合を優位に進めることができません。

前橋育英の快進撃もここまでかと思われた9回裏、好投の飯田にアクシデントが起きます。
飯田はこの回2球目を投げた後、脚の痙攣が止まらず降板します。

常総は背番号18の金子雄太をリリーフ登板させます。

その金子に対し、前橋育英のクリーンアップ3番4番は内野ゴロに打ち取られ簡単に二死を取られます。
続く5番小川駿輝の当たりはセカンドへの緩いゴロ、常総学院の勝利かと思われました。

ところが打球は二塁手・進藤 逸の手前でわずかにイレギュラーバウンドし、進藤はこの打球を処理できません。
さらに続く6番板垣文哉は右翼線への二塁打で続きます。

二死二・三塁で打席には高橋光が立ちます。

力強く振り抜いた打球は右中間を破る同点の適時三塁打となり、前橋育英が土壇場で試合を振り出しに戻します。
そして前橋育英は延長10回裏、一死二・三塁から3番土屋恵介の適時打で試合を決めました。

その後、前橋育英は準決勝で日大山形と対戦します。

前の試合の勢いそのままに序盤から小刻みに得点すると、高橋光も気迫のピッチングで1失点完投、前橋育英は4対1で決勝進出を決めました。

そして決勝戦では宮崎日大に4対3で逆転勝利し、見事初出場初優勝を決めました。

この試合、荒井直樹監督の息子でキャプテンの4番荒井海斗が決勝打を放ち父子鷹として有名になりましたが、そのプロセスで準々決勝がいかに大きな一戦で、最後まで何が起こるかわからないという野球の醍醐味を感じさせてくれました。