The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

柔剣道場床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

天野裕士
天野

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(柔剣道場)床
施工内容 (柔剣道場床改修工事)フローリング研磨・ポリウレタン樹脂塗装
目的 柔剣道場の床を研磨塗装してより良い状態に
施工経緯  お客さまからのご依頼

柔剣道場床研磨塗装のようす

おはようございます。
コートラインプロの天野です。

本日は、柔剣道場に床研磨塗装に来ています。
なんか、防具が棚に並べられて、本格的な雰囲気ですね!!

六三四の剣を思い出します。

我々の世代にしてみれば、剣道漫画の王道でしたので。
漫画に影響され、新聞紙を丸めて剣道ごっこをしていたのを思い出します。

さて、施工レポートです。

柔剣道場床研磨塗装施工前のようすです。
×とーのラインが引かれておらず、テープで対応していました。

また、反りなども見られました。

まずは養生を行っていきます。防具などに埃が行かないようにします。
最後に清掃をするのですが、道具や用具が置いてあるところに養生を行います。

いよいよドラムサンダーで既存フローリングの表面を削り出していきます。
表面をコンマmm~数mm削ることで白木に戻ります。

ドラムサンダー荒掛け・ドラムサンダー中掛け・ドラムサンダー仕上げ掛け・ポリッシャー研磨を行うことで平滑になると共に、白木になります。

仕上がりによっては、この研磨工程を増やします。

研磨完了後、床塗装を行っていきます。

まずは下塗りを行います。
右上の写真は下塗り完了のようすです。

さらに、ポリッシャーで下地調整を行い、中塗りを行っていきます。

同様の作業を行い、剣道用のラインを引いていきます。

最後に仕上げ塗りです。
柔剣道場の床がきれに蘇りました。

柔剣道場床の施工前・施工後です。
コートラインプロへの床研磨塗装のご依頼ありがとうございました。