The following two tabs change content below.
アバター
霜鳥 裕達
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年以上になります。まだ小さかった頃、母親が自分を背中にしょってダボ打ちをしていたそうです。【想い】大切な会社、携わる方と共に成長し、幸せにしていきたいです。またホームページやメールマガジンでより良い情報をお届けします。もっとクオリティの高い記事が書けるよう頑張ります。

技能検定試験への挑戦

 

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
本日は、弊社の資格取得への挑戦、木床施工に必要となる木床技能士資格への取り組みについてです。

霜鳥裕達shimotori

こんにちは、そうですね。
弊社では、木床工事職人の見習いとして入社された方に、資格の取得も視野に、技術を磨いていってほしいと考えています。
1級技能士を受けるためには7年以上の経験が必要ですが、2級技能士の場合には2年あれば受けることができます。
やる気さえあれば、20代前半のうちに技能士を持つことができます。

技能検定試験詳細

検定地域 東京都
検定場所 東京都職業訓練場
検定内容 内装仕上げ技能士(木質系床仕上げ工事)
目的 職人の知識向上と技術向上・技能検定資格への挑戦
検定経緯 検定の案内を社内回覧にてお知らせ

今年度の技能検定試験について

今年も新たに、技能検定に挑戦している技術者が居ます。

1級内装仕上げ施工 木質系床仕上げ工事です。

そもそもこの資格はというと、施工に関する技能を一定の基準で検定し国家として証明する国家検定制度です。
この国家資格は、2010年10月1日誕生と、まだ日が浅いんです。

試験内容は、実技・筆記に分かれています。

実技では、
・試験架台にフローリング(単層、複合及び雁行タイプの張付け作業を行う。
・単層フローリングの釘打ち作業を行う
これがかなり難しいんです。。。

試験時間は3時間半もあるんですが、足りないくらいです。

筆記は、木造建築などの筆記試験となります。
これもある程度の知識がないと難しいです。

7月に実技試験ということで、毎晩仕事が終わってからも会社倉庫にて練習しております。
彼らは、技術の証として自ら志願してくれました。

その心意気に感謝です。
頑張ってください。

ちなみにコートラインプロには、この資格保持者が多数在籍しております!!

フローリング工事は是非コートラインプロの1級施工にお任せください。