The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

川中西体育館木床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

天野裕士
天野

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館スポーツフロアー床工事)体育館アリーナ床・フローリング研磨・スポーツ競技用コートライン引き・バドミントンコートライン引き・バスケットボールコートライン引き・バレーボールコートライン引き・ポリウレタン樹脂塗装
目的 体育館の床をリフォームしてより良い状態に(フローリングサンディング・ポリウレタン塗装)
施工経緯  お客さまからのご依頼

川中西体育館木床研磨塗装のようす

ここ信州では、桜が散り去り、緑の季節を迎えようとしております。

お元気ですか。コートラインプロ天野です。
今日は、中学校体育館の木床研磨塗装工事の状況をお伝えしたいと思います。
最後までお付き合いくださいネ。

施工内容はというと、
アリーナが750㎡、ステージが80㎡
この他に、バレーボールの支柱基礎工事が2箇所。
そして、コートラインがバスケットボール、バレーボール、バドミントンなど全部で計12面といった工事内容です。

塗料は、油性の1液ポリウレタン塗料です。

先日まで、バレーボール用の支柱基礎工事を行っておりました。
実は、こちらには今年初めに定期点検でお邪魔しておりまして、その時の危険項目として、チェックされていた箇所なんです。

バレーボールの支柱を床金具に差すとグラついており非常に危険な状態だったんです。
コートラインプロは、事故を未然に防ぎ、利用者が安心してスポーツを楽しむことができる場を提供させていただければと考えております。

さて、修繕方法としては、1度床を開口して、既存の基礎を撤去・新設したのち床復旧となります。

なんか、そのまんまですね(汗)

真四角に白くなっている箇所が補修箇所です。
バレーボール用床金具は、塗装工事が完了してからの取り付けとなります。

トップ写真は、ステージ床の研磨状況です。
おっと、ピアノが置いてありますねぇ。

こういった重量物がある場合は、動かしながら作業するしかないんです(汗)
アリーナ・ステージと作業は順調に進んでおります。

みなさん、ご安全に作業してください。