The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

富士体育館床金具修繕改修・フローリング張り替え・床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

天野裕士
天野

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 公共施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館床改修工事)床金具修繕改修・フローリング張り替え・床研磨塗装
目的 体育館床改修工事を行い、スポーツフロアーのコンディションを再生させる
施工経緯  お客さまからのご依頼

富士体育館床金具修繕改修・フローリング張り替え・床研磨塗装のようす

桜の季節もいつしか過ぎ、葉桜の季節となりました。
こんにちは、コートラインプロの天野です。

本日は、私のふるさと静岡県にお邪魔しております。
先日から富士市内の体育館にて床工事が始まっております。

あっ、私の生まれ育ったところは、今大河ドラマで話題の浜松市なんです。

みなさん、毎週楽しみにしていることと思います。
私は、忙しさにかまけてもう3話溜まってるんですが(汗)

浜松市

工事内容としては、1600㎡の体育館アリーナ内にて、床金具を1箇所交換・床張り替えした後、全面を研磨塗装します。
床金具は、バレーボール支柱を挿した際に、ぐらつきがあるということでして、埋設管から交換となりました。

床を開口してみると、床金具の埋設管を補強する、コンクリート基礎部分に多少の亀裂が入っておりました。
幸い亀裂部が浅かったため、部分補修で事なきを得ました。

もっとひどい場合は、この基礎を一度解体して新設という大工事になってしまうんですよ。

床を復旧して、いよいよ研磨工事に入ります。
使用されているフローリングは、厚さ18mm、幅455m×長さ1800mmの大判で、合板を基材として6mmのカバの単板が積層状に貼り合わせてあるものです。

一般的に大型積層フローリングといいます。
最近は、広く使われている床材ですね。

研磨工事では、研磨機にて荒削り・中削り・仕上げ削りとペーパーの番訂を変えながら3回の工程です。
研磨機には、集塵袋が付いており、袋がいっぱいになると45?のビニル袋に詰め替えるんですが、こちらの現場で、何個の袋が出たと思いますか?

何と45?袋が53袋出ました!! すごいですねぇ。

研磨した後、1液油性ポリウレタン塗料を塗り込みます。
体育館専用の各競技に適したグリップ性能を持った塗料なんです。

このアリーナ、広さもさることながら、コートラインの数も23面と多いんです。
事前の打ち合わせで、施設職員の方が利用者の希望に沿ったコートラインを!!ということで、より競技しやすいコートラインをご提案させていただきました。

コートライン図を何度書き換えたことか(汗)
そして、いよいよ本日 ウレタン仕上げ塗装が終わりまして、全行程が終了いたしました。