The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

高崎市体育館メンテナンス(研磨塗装)について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

天野裕士
天野

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館スポーツフロアー床工事)体育館アリーナ床・スポーツ競技用コートライン引き・バドミントンコートライン引き・バスケットボールコートライン引き・ミニバスケットボールコートライン引き・バレーボールコートライン引き
目的 体育館の床を床研磨塗装にて再生リフォーム
施工経緯  お客さまからのご依頼

高崎市体育館メンテナンス(研磨塗装)のようす

こんにちは、コートラインプロの天野です。

いきなりですが、写真をご覧ください。
珍しく施工中の写真に私が写っているんです。
普段は撮影することが多いんですが、この日はなぜか撮ってもらったんですよね!

今さら、気づいたことなんですが!!
いかがでしょうか?私のポリッシャー掛け、スムーズじゃないですか?

現場で”ピャッ”と塗っている写真も収めておいた方が良いですね!
今度、天野の現場写真を集めて掲載しますね。

尚、掲載予定は
☑ 親方が動く前に先読みして段取りする天野
☑ ”ピャッ”っとウレタンを塗っている天野
☑ ポリッシャーをまるで体の一部のように動かす天野
になるんですが。

実際には
☑ 段取りが悪くて親方に怒られている天野
☑ ウレタンを塗っている最中にウレタンを踏んでしまって、ギャグ以上に滑っている天野
☑ ポリッシャーに振り回されている天野
だと思います。

そこは悪しからず・・・(;´・ω・)

ところで、入社したての頃は、端の削りとポリッシャー掛けばかりで、なかなかサンダーの方を教えてもらえませんでした。
今では、サンダー掛けでも一人頭として数えてもらってます。

もちろん、夏休みなどの繁忙期になれば当たり前に現場で出てますよ!
この時ばかりは、社長も専務も現場で職人してる位ですから、気合が入ります。
コートラインプロでは、研磨及びウレタン塗装を研修場で学び、その後教室、特別教室、体育館と徐々に広い場所になっていきます。

機会の扱い方は、その逆で、広い場所から学びます。
こうすることで、トラブルがなくて済むんです。

実際に、現場は親方ばかりの手によって施工されているわけではありません。
育成もしていかなければならないのが現実です。これは、どの職方でも同じだと思います。

職人の育成による社会への貢献、お客さまに迷惑を掛けない仕上がり、どちらも大切なことです。

深く考えて行く必要がある事柄ですね!

さて、施工レポートです。
本日は体育館の床改修工事・床メンテナンス工事でもある、研磨塗装工事です。
古くなったスポーツフロアーを研磨にて白木に再生、塗装することで新築時のような輝きを取り戻します。

写真はポリッシャー掛けのようすです。

ポリッシャー掛け後清掃をします。

下塗り、中塗り、コートライン引き、仕上げ塗りの順に作業を行っていきます。

スポーツ競技用コートライン引きは、バドミントンのコートライン引き・バスケットボールのコートライン引き・ミニバスケットボールのコートライン引き・バレーボールのコートライン引きました。
その後、ポリウレタン樹脂塗料仕上げ塗りを行います。

体育館床改修『床研磨塗装』完了です。仕上げのウレタンが塗布されると、何か嬉しいんです。

達成感があって、本日も満足いく出来栄えです。
コートラインプロへの床研磨塗装のご依頼ありがとうございました。

床研磨をはじめとして、各種スポーツコートライン引き・ウレタン塗装・フローリング塗装お任せください。