The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

木床研磨塗装「フローリングサンディング」学校教室事例

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 教室木床「フローリング」
施工内容 床フローリング研磨塗装
目的 フローリングを研磨塗装してより良い状態に
施工経緯 お客さまからのご依頼

下記の体育館の写真のように既存塗膜が摩耗し地肌が散見していることがあります。
良くあるメンテナンス不足の状態ですが、このまま放置すると、汚れがフローリングの表面より奥へと、浸透してしまうことがあります。


教室の例としては、習字の墨が染み込んでいる、マジックのインキが染み込んでいることがあります。
奥にまで浸透しまっていると、取り除けない場合があるので、地肌が見える状態になっていれば注意が必要となります。

今回の工事は、フローリングにそれほどの損傷も無く、汚れの浸透も無いため、木床研磨塗装「フローリングサンディング」をするには絶妙な時期だったといえます。

ただ、教室の利用に際して、滑りやすくなっていたことは容易に想像できます。
教室木床「フローリングサンディング」研磨塗装のようすを写真でまとめました。
ご覧ください。

中学校木床研磨塗装「フローリングサンディング」施工写真

木床研磨塗装「フローリングサンディング」着工前のようすです。地肌が散見し、黒ずんでいる所が見受けられます。
工事期間は、夏休みの間に行う工事でした。

木床「フローリング」を研磨「サンディング」しているようすです。表層を薄く削っていきます。

塗装をして完了となります。この際、既定の塗布量を付けていきます。
使用塗料は、溶剤系で3回塗りでした。
水性塗料仕上げの場合には、溶剤と比べマットな仕上がりになります。
右の写真は、フローリング研磨塗装後の完了写真です。フローリングが美しく蘇りました。