スポーツ施設紀行・Koboパーク宮城

スポ女チエ

プロスポーツの会場も前と比べてアミューズメント色が強くなった、おかげなのか、家族連れや若い人の来場が多く目立ってスポーツの観戦する年齢が下がってきている気がする。

ツカサ

海外ではそのような施設が併設している場所が多くあるよ。
日本もようやく追いついてきたんじゃないかな。
試合を見せるだけがファンの獲得方法ではなく、見に来た人にどれだけ楽しんでもらえるかも重要になってきたんだよ。
ソフト・ハードそれぞれの充がファン獲得の第一歩につながるのさ。

 

Koboパーク宮城には、楽天ポイントが使える・観覧車やメリーゴーランドがある遊園地が併設しています。

最近は家族連れやカップルにも対応できるように様々な施設があります。

楽天の本拠地は球団が設立されてから約10年が経ちます。

日本一にもなりましたし、一番は地元仙台の市民の為の地元の愛される球団に成長してきていると思います。
球場もアミューズメントパークみたいになって楽しめる要素がたくさんになりました。
レフトスタンドの上段の方には、観覧車があるんです。

高い位置から野球を観戦出来るのです。
運が良ければ観覧車の方に飛んでくるかもしれませんよ。

同じようにメリーゴーランドがあり、子供たちやカップルも楽しめます。

もっと野球のプレイを近くで見たいという方にはエキサイティングシートと言うものがあります。
これは一塁側、三塁側のファウルグラウンドに席を設けてプロと同じ目線で、グラウンドレベルで観戦、体感することが出来るんです。
最近では、ほとんどの球団の本拠地に設置されています

エキサイティングシートに座るお客様にはグローブを持ってくる方も多いです。

ヘルメットとグローブを持って観戦なんて小学生に戻った気分になって楽しくなりますね。
このように、楽天の本拠地koboパーク宮城は地元の人に愛されています。

球場内には選手とコラボした食事もたくさんあります。
また選手のグッズの購入、飲食なども全て楽天カードを使用することが可能です。

もちろん楽天ポイントも付きます。
更に楽しめる要素がたくさんあります。

これからも新しい施設やアミューズメントによって進化していく球場のひとつだと思います。