駒ヶ根市・体育館床研磨塗装

駒ヶ根市・体育館床研磨塗装

駒ヶ根市・体育館床研磨塗装について

施工場所 駒ヶ根市体育館床(スポーツフロアーフローリング
施工内容 体育館床メンテナンス(スポーツフロア研磨塗装・フロアサンディング
目的 体育館床のメンテナンス(研磨塗装)を行いフロアコンディションをより良い状態へ・床研磨塗装による改修工事
施工経緯 お客さまからのご依頼

こんにちは、コートラインプロの天野です。
本日は、体育館床研磨塗装に来ています。
いやぁ~さすが夏休みです、忙しさに絶え間がありません。
ところで、全国的に梅雨が明けたそうですね。

梅雨明けの空
新潟や東北は平年より4日以上遅いとのことです。
遅かった分、一気に暑さがこないことを願っています。
もしかして、明日より暑さとの闘いになるのでしょうか!?
研磨塗装も、研磨荒掛け研磨中掛け研磨仕上げ掛けまで終わり、明日から塗装に入ります。
研磨塗装完了まで、まだまだ長い道のりですが、気を引き締めてまいりましょう。

施工の前にちょっと、雑談

さて、施工レポートの前に、最近白いスポーツの在り方を知ったのでご紹介したいと思います。
フィールドアーチェリーと呼ばれるもです。
スポーツといえば誰かと何かを競い合うということがメインに思われがちですが、個人が楽しむ分に関していえばそれ以外の理由もたくさん存在します。
まずは健康維持です。
トレーニングというに絞って運動をしようとすると、どうしても辛さが勝ってしまい継続することができません。
スポーツというゲーム性を持った運動を行うことで楽しく汗をかくことができるわけです。
そんなスポーツにもたくさんの種類が存在しますが、そのどれもにプロフェッショナルな人が存在します。
とくに団体競技などは自分自身が初心者であった場合、チームの足を引っ張ってしまうのではないかと気が引けてしまう人も少なくありません。
そこで楽しく運動をして、個人でも団体でも遊ぶことができ、それほど力の差のない競技にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
オススメはフィールドアーチェリーです。

森林
アーチェリーといえば的をにむかって矢を放つスポーツですが、もちろんそれだけだとプロフェッショナルの存在が際立ってしまいます。
フィールドアーチェリーはそのハンデをなくすために、ある範囲を設けて的を探しながら行うスポーツです。
いくら的を射る能力に長けていても、的そのものが見つからなければ意味がありません。
地形を読む力や、地図を見る才能、アップダウンの激しい山道をすばやくいどうできる能力など、頭と身体を使った様々な技術が必要となります。
個人で行う分にはまるで冒険の旅にでているような楽しみ方できます。
団体で行えば、みんなで狩りににでて、宝探しをしているようなスリルを味わうことができます。
森や山のなかだけではなく、許可を得れば都会の街中でも可能です。

宝探し
どこに的が隠されてあるのかを探すのは、誰しもが持っている子供心をくすぐり、時間を忘れて没頭することができます。
都内を中心にフィールドアーチェリーのイベントも多数開催されています。たとえば、RPGのゲームに出演している声優と一緒に際に冒険を行うといったイベントです。
的をゲームに出て来る敵のキャラクターに変えていたりと、ゲームの世界が現になったような楽しみ方ができます。
自然の中を歩くので気分転換にも良いですし、神経を研ぎ澄ませていますので、自然の中の思わぬ発見にめぐりあえることもあります。
団体ではチームでの協力が必要ですので、その日イベントで初めて出会った人と気兼ねなく会話ができるきっかけにもなります。

駒ヶ根市・体育館床研磨塗装施工レポート

南アルプス

本日の現場は長野県南信ということもあり長野市からだと結構あるんで朝早く家を出ました。
ちょっとした早朝ドライブですね。
中央アルプスと南アルプスを眺めながら高速を運転し無事現場に着きました。
今回の体育館は、既存のフローリングの上に新設のフローリングを貼り、その後に塗装とライン引きを行います。
その前に下地調整をしないといけないので、既存フローリングサンダー掛けを行いました。
この作業は新規のフローリングを貼るためでもあります。
不陸調整とボンドの密着を考えての作業となります。
とりあえず研磨荒掛けのみの作業でしたので1日で終了しました。
この後の作業も順調にいくように頑張ります。
コートラインプロではこの研磨塗装工事において関東甲信越及び北陸などに多くの績を持ちます。
体育館床研磨塗装のことならコートラインプロにお任せください

The following two tabs change content below.
天野裕士
最新記事 by 天野裕士 (全て見る)