ブログ

東京マラソン・コースが変更!その魅力とは!?

東京マラソン、コースが変更されましたね。

先日、東京マラソンが行われましたね。
多くのメディアに取り上げられていました。
今回は東京マラソンが始まって以来となるコース変更が行われました。

コース変更について

ゴールも東京ビックサイトから東京駅になったことで、いまだかつて、誰も経験したことのない東京マラソンとして開催されます。
また、コース変更によって東京スカイツリーや浅草の景色を見ながら走れるようになりました。
ランナーにとってさらに親しみやすくなったと思います。
外国から来ているランナーの方にとっては、東京の観光名所を望む良い機会になったのではないでしょうか?

毎年増える外国人ランナー

ところで東京マラソンに、外国人枠が設けられていることはご存知でしょうか?
2016年には6295人の外国の方が参加したそうです。
参加者の割合からするとに6人に1人が外国人でした。
毎年参加者が増え、マラソンイベントとして人気が高まっているのでしょう。
いづれはホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンのように有名なイベントになっていってほしいと思います。

結果について

テレビに取り上げられていましたが、リオデジャネイロオリンピックの1万メートルに出場した設楽 悠太選手、今回が初マラソンということで注目されていましたね。
給水のためのドリンクには家族からのメッセージが添えられていたそうです。
20代前半で家族への感謝を語っている姿は人としての素晴らしさを感じました。
次世代に良い影響を与えていってほしいですね。
結果は男子マラソンはウィルソン・キプサング選手が優勝を飾りました。
日本人選手としては井上大仁選手が2時間08分22秒で日本人としてトップ(総合8位)でした。
設楽 悠太選手は前半、いい調子だったものの、徐々に順位を落としていきました。
結果としては日本人選手の中で3位でした。
それでも初マラソンで3位、今後が楽しみですね!!

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る