東京オリンピックは第何回目の夏季オリンピック!?

東京オリンピックは第何回のオリンピック!?

 

2020年東京オリンピックは7月24日から8月9日まで日本の東京で開催される第32回夏季オリンピックになります。
参加人数は、12,000人以上、競技種目数は33競技339種目です。

すべての人が自己ベストを目指し、1人1人が互いを認めあい、そして未来へつなげようを3つの基本コンセプトとし、史上最もイノベーティブで世界にポジティブな改革をもたらす大会なのです。

オリンピックは四年に一度開催される世界的なスポーツの祭典です。

スポーツを通した人間の育成と世界平和を究極の目的としています。

そこで2020年東京オリンピックの競技の見どころを紹介文していきたいと思います。
東京オリンピックでは、射撃競技というものがあります。

日本では法律によって銃器を所持することが難しいため射撃という競技は、馴染みが薄かったりします。

しかしルールを知って守ってやると楽しいものになります。

射撃のルールは、現在オリンピックの射劇競技は、ライフル射劇とクレー射劇があります。
ライフル射劇にはピストル種目も含まれます。

ライフル射劇の競技時間は、男子は1時間50分、女子が50分で、男女ともに10発を1シリーズとして男子は合計60発、女子は合計40発の特点の上位から順位が決定されるのです。
本射開始前の試射は弾数無限制限ですが、本射発射後の試射はできません。

見どころとしては、10メートル先に固定されている標的に向けて精密射劇を行うのが見どころになります。

50メートルライフ伏射では、競技時間は50分になります。10発を1シリーズとして、合計60発の特点の上位から順位が決定します。

見どころとしては、10点ミスをしてしまうと勝ちか、負けかが決まってしまうので、600満点を撃たなくてはならず、精密度が徹底して要求されるというのが見どころになります。
満点は654点になるのです。

男子、女子とともに、10メートルエアピストルでは、10発を1シリーズとして、男子は合計60発、女子は合計40発の特点の上位から順位が決定するのです。
男子は1時間15分、女子が50分ルールです。

見どころとしては、ピストル射撃における集中力の持続性と正確な照準発が要求される所です。

関連記事

  1. スポーツツーリズムに学ぶ地方創生の在り方

  2. 新国立競技場に見るアスリートファースト!最高のパフォーマンスを発揮できる環境を東京五輪で

  3. ウォ-キングからはじめよう

  4. チェルシー復活の優勝と偉大なるキャプテンの退団

  5. 最新技術が融合した『ARボルダリング』と『ARクライミング』

  6. ゲートボールは日本で生まれたスポーツ!?