The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

保育園置き床・乾式二重床・フローリング根太張りについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

天野裕士
天野

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 保育園床
施工内容 保育園置き床・乾式二重床・フローリング根太張り
目的 保育園新築工事
施工経緯  お客さまからのご依頼

保育園置き床・乾式二重床・フローリング根太張りのようす

春風に吹かれれば、身も心も生き生きしてくるような気が致します。
こんにちは、コートラインプロ天野です。

本日は、真田幸村ゆかりの地「上田市」で行った保育園の新築工事をレポートしたいと思います。
いやぁ、真田丸面白かったですよね!!

でも私の故郷、静岡県浜松が舞台の「直虎」も是非ご覧になってくださいネ!!
平屋1階建ての可愛らしい保育園です。

コートラインプロの施工内容としては、コンクリートスラブ面に乾式二重床を組んだのち12mmの合板を貼り、仕上げのフローリングを貼って完了となります。
フローリングの材種は、「クリ」。この無垢材にガラス系含侵塗料の塗装品です。
写真のように、なんとも自然な風合いの仕上がりです。

レンガ張りにて敷き込まれているのが、乾式二重床のパーティクルボードです。
均等に敷き込まれていて、綺麗ですよねぇ!!
この乾式二重床の工法には、「床先行工法」と「壁先行工法」があるんです。

こちらの現場では、壁先行工法での施工となります。
写真のように文字通り、壁が組まれてから床を敷き込んでいくんです。

では、床先行工法とは??

前出とは逆に埼に床を組むという工法です。
メリットとしては、乾式二重床を施工した後に間仕切壁を施工する工法で、最近採用が増えています。
メリットとしては、施工における計画的な工程運営が容易となり工期短縮・品質の向上が期待できるだけでなく、将来のリフォーム対応に於いて、床下地に手を加えることなく容易に間仕切変更等が可能となります。
マンションなどでよく採用されている工法なんです。

各所での仕上り写真です。
いやぁ、廊下の長いこと!!

室内の園児室は全室床暖房完備です。
子供達には、すくすく育っていってほしいものです。

それにしてもこちらの建物、窓が多いんです。
心地よい風が春の便りを届けてくれる、そんな昼下がりでした。(笑)
以上、現場から天野がお伝えいたしました。