The following two tabs change content below.
アバター
天野裕士
【資格】木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など 【仕事】床職人及び管理を行っている。公共施設の床工事を数多く手掛けてきた。【お客さまへの想い】適切なスポーツフロアメンテナンスを広めていくことに使命を感じ自身で想いを込めた小冊子を作成。 【本人より】スポーツフロアのお困りごとお任せください!!

並柳小教室床削り・フローリング塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

天野裕士
天野

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 小学校の教室
施工内容 既存フローリングブロックの研磨・ポリウレタン樹脂ワニス3回塗り
目的 木床の改修工事
施工経緯  お客さまからのご依頼

並柳小教室床削り・フローリング塗装のようす

こんにちは、コートラインプロの天野です。

本日は、教室床の研磨塗装に来ています。
地元のゼネコンさんからのご依頼になります。

この工事、床だけでなく他の部分改修工事もあるので、他社さんたちと絡むことがあります。
段取りが狂わないように打合せをしっかりと行っていきます。

他にはどんな工事が行われているかというと、写真をご覧いただければ分かりますかね?

足場が掛かっています。
躯体の補強及び塗装が行われているんです。

外部も時間の経過と共に劣化して痛んでいたんですよね。
改修時期ということで、今回の工事が行われました。

教室研磨塗装前のようすです。
真っ黒になっていました。

それでも反りやあばれが無いため、思ったより手間が掛からないかもしれません。
施工は、いつものように養生から始まります。

埃や汚れ塗料が着かないようにマスカーを貼っていきます。
また、廊下に移動した机や椅子などはブルーシートなどで覆います。

その後、ドラムサンダー掛けを行っています。

荒掛け・中掛け・仕上げ掛け・ポリッシャー研磨の順で行っていきます。
左下の写真はドラムサンダー荒掛けのようすですが、1回削っただけで大分汚れが取り除かれました。

右下の写真は清掃も含んだ研磨完了後のようすです。
白木色に蘇りました。いよいよ塗装を行っていきます。

大型の刷毛を使って塗っていきます。
左下は中塗り完了後のようすです。フローリングの赤身も塗装をすることで映えますね!!

施工完了しました。

黒ずんでいた床を白木に戻し、塗装を行うことで、こんなにもイメージが違うんです。
輝きが美しいですね!

コートラインプロでは、この床研磨塗装、教室の床や体育館の床だけでなく、あらゆる箇所の実績があります。

例えば、ダンススタジオ
例えば、ホテル
例えば、戸建て住宅

お客さまがご依頼いしたい施設も実績があるかもしれません。
床研磨塗装、まずはコートラインプロにご相談ください。

尚、コートラインプロではフローリング施工の会社として、床下地から仕上げ塗装までワンストップで行うことができます。