『2018年ロシアワールドカップ抽選会』スポーツ好きの独り言

スポ女チエ

来年行われるワールドカップ、ロシア大会の組み合わせ抽選会が終わったね。

ツカサ

最後まで日本が呼ばれなくてひやひやしたけど、死の組に入らなくてよかったんじゃない?
四年に一度のお祭りだけど、国の威信をかけた戦いでもあるからこそ各国とも気が抜けないんじゃないかな。

12月1日来年開催されるサッカーワールドカップロシア大会の予選ブロック抽選会が行われた。組み合わせは皆さんもご存じのとおりと思いますが改めて確認を。

A組

ロシアサウジアラビアエジプトウルグアイ

B組

ポルトガルスペインモロッコイラン

C組

フランスオーストラリアペルーデンマーク

D組

アルゼンチンアイスランドクロアチアナイジェリア

E組

ブラジルスイスコスタリカセルビア

F組

ドイツメキシコスウェーデン韓国

G組

ベルギーパナマチュニジアイングランド

H組

ポーランドセネガルコロンビア日本

上記が予選ブロックの振り分けになりました。
生放送で抽選をご覧になっていた方は私と同じ心境だった事でしょう。何と最後の最後まで「JAPAN」が言われなかった。韓国と日本が残りF組とH組どちらか。
どこに入っても難しいのがW杯。そんなことは承知ですが少しでも決勝トーナメントにいける可能性とするとH組かなと。
今回の抽選会でもヨーロッパ大陸、南米大陸など2カ国以上被ると組を再振り分けされます。色々な事もあり今回の組み合わせになりました。
日本と対戦するコロンビア、ポーランド、セネガルは日本を眼中にありません。
まだまだアジア枠は強豪ではないのは確かですが、こちらかも言わせてもらえるのであれば韓国が入ってしまったF組よりは予選突破出来る可能性はあるかなと感じました。
世界ランキングもあくまで目安です。ポーランド7位が不思議(笑)
っといっても3カ国は強豪です。

ポーランド ランキング7位 3大会ぶり8回目
世界屈指のストライカーのレバンドフスキがいる。彼のプレーはアクロバティックなシュートが印象的です。
セネガル ランキング23位 4大会ぶり2回目
プレミアリーグで活躍するFWサディオ・マネを中心としたチーム。アフリカ勢は身体能力が半端ないですね。
コロンビア ランキング13位 2大会連続6回目
前大会も日本と対戦しているので印象深い方も多いと思います。
そして、世界トップクラスのハメス・ロドリゲス、フォルカオなど有名どころばかり(笑)

いやぁー世界トップの32カ国にイタリア、オランダ、チリなどが参加できない中、日本が入っている事に改めて凄さを感じます。
どの国と対戦しても強豪ばかりです。代表選手にはあと7カ月なのでケガなく調子をあげてもらいたいです。