子どもが泳ぎをマスターするために使われているグッズとは!?

プール写真

泳ぎを手助けしてくれるグッズを紹介

泳ぐことができるようになりたいと考えている方に、グッズを紹介

夏になり暑さが増しますね。

子どもたちは夏休みになっているのではないでしょうか?

こんな時はプールや海に行きたいもの そこで、プールに携わっている私たちが、今夏、泳ぐことができるようになりたいと考えている方のために、泳ぎを手助けしてくれるグッズを、ご紹介したいと思います。

プールは昔と違い、現在では泳ぎの場としてだけでなく、さまざまな目的で使われるようになりました。
トレーニング施設の健康増進だったり、リハビリテーションだったりと利用方法に多様化が見られるようになっています。

それぞれの目的にあったグッズもまた紹介致しますが、今回は泳ぐと言うことを目的に書いていきたいと思います。

グッズを活用して泳ぎの上達を

泳ぎをうまくしたいなどの希望がある場合、動作の強化に役立つものもあります

昔からある”ビート版”これは体を浮かせるための補助用具ですが、最近では背中全体に装着させたり、腕に巻きつけることができるものなどがあります。

名前は【ヘルパー】浮力を利用して泳ぎやすい環境を体感させることができます。

また水かきがうまくいっていない時に、水かきの練習ができる【ブイ】と呼ばれるものがありますこれは足の間に挟んで下半身を浮かせて使います。
また、さらに泳ぎをうまくしたいなどの希望がある場合、動作の強化に役立つものもあります。

水かき動作の強化には【パドル】というアイテム

平泳ぎ・クロールなど足の動作の強化には【フィン】と呼ばれるアイテムが役に立ちます。

バタ足の練習に使われるわけですが、さらに大きな【ロングビート板】と言われるものがあり、一般的なビート板と比べ更に安定するので、より簡単にバタ足の練習をすることができます

 

また、素潜りなどにはプールの底にアイテムを沈め取りに行くという練習、取りに行くという目的から自然なフォームの動作を身に着けることができます【ダイブボール】【水中スティック】があります。
この夏、子どもに泳ぎがうまくなってほしいと思われているご家族の方も、頑張って泳ぎをおぼえてたいと思っている子供達も参考にしてみたらいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. 交流の場として注目されるスポーツ施設

  2. 1989年8月12日、中日ー巨人戦

  3. 東京オリンピックがもたらすスポーツレガシー

  4. シャフルボードとは!?

  5. 今でも忘れられない「ドーハの悲劇」を振り返る

  6. インターハイ2020年問題とは!?