2011年アジアカップ決勝、日本VSオーストラリア戦

スポーツ女子

あの時のアジアカップはいつ負けてもおかしくないところからの優勝だったから、改めて代表の底力を見せつけた大会になったよね。

塩入

主力の怪我による離脱があった中で、危ない場面もあったけど主力とサブとの差がほとんどなかったから、あきらかな戦力ダウンを感じさせなかったんじゃないかな。
けが人が出てもいかに戦力を落さないようにするのかも監督の大事な役割だよね。

スポーツ好きの皆さんは、名場面をいくつも覚えているのではないでしょうか!?

本日は、私の好きなサッカー日本代表の名場面をご紹介したいと思います。

2011年カタールで開催されたアジアカップの決勝、日本VSオーストラリア戦の李忠成選手のボレーシュートの場面です。
アジアカップは4年に1度のアジア最大の大会。

アジアの各国にオーストラリアを加えた国々で争われます。予選から厳しい試合を勝ち抜いてきた日本代表。
その大会の決勝の相手はW杯での因縁のあるオーストラリア代表。

試合序盤からオーストラリアは高さを生かし前線にロングボールを放り込んできました。

DFの今野選手や吉田選手、GKの川島選手の懸命のプレーでゴールを守りました。

それに対して日本代表の攻撃陣は遠藤選手や本田選手を中心に細かいパスを繋ぐサッカーでオーストラリアのゴールに攻め込みましたが、決定機を欠き得点を奪えませんでした。

日本代表はこの試合、エースである香川選手をケガで欠いていました。
ザッケローニ監督は後半に入りMFの藤本選手に換えDFの大岩選手を投入しました。

これによりセンターバックの2人は吉田選手と大岩選手の長身コンビへ。

長友選手はSBの位置から左MFに位置に上がり守りは安定し更に長友選手のサイド攻撃が活きるようになりました。
しかし後半戦も決定機を活かせなかった試合は延長戦に突入します。

準決勝の韓国戦でも延長戦を戦いPK戦にもつれ込みました。

決勝のオーストラリア戦も同じような展開になるのではないかと思った方も多いと思います。

しかし、延長戦の後半に日本代表を救うヒーローが投入されます。
香川選手でも本田選手でも岡崎選手でもない。

その選手こそ決勝点を挙げることになる李忠成選手です。

李選手は予選のヨルダン戦にも途中から出場しましたが周りと息が合わず思うようなプレーが出来ていませんでした。
ちなみに李選手はこのアジアカップで初めて日本代表に選出された選手でした。

そして後にヒーローと呼ばれることになる李選手。

そして延長後半終了間際。
長友選手からクロスが上がります。

そこにフリーで待ち構える李選手。

多くの人が「時間がゆっくり流れた」と語ります。

左足を振りぬいた綺麗なボレーシュート。
GKは動けず、シュートはゴールへ突き刺さります。
長くベンチで過ごした選手が奪った価値ある1点。

それが決勝点になりオーストラリアを下した日本はアジアカップ連覇を成し遂げました。
綺麗な完璧なボレーシュートのお手本になるものと断言できます。

The following two tabs change content below.
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください