アリーナとスタジアムの定義とは

アリーナとスタジアムの定義とは

屋内運動場

体育館やスポーツ競技場は、小体育館や大体育館といった名前で呼ばれます。
もともと新築から、そのような名前がついているのでしょうか?
それとも2つの体育館があって大小に分けているためなのでしょうか?
そんな疑問を持たれている方もいるのでは?
施設ごとに違うと思いますが際には、体育館やアリーナ・スタジアムの名称には定義があります。
そこで、今回はアリーナとスタジアムの定義についてお伝えします。

アリーナの定義とは

アリーナとは、本来は体育館や競技場の競技を行う場所(スポーツフロアーや競技用フロアー)のことを指します。
しかしながら、今では屋内運動場や屋内体育施設において、床で競技を行う場所を総じてアリーナと呼ばれるようになっています。
小さな施設は対象とならず、周囲に観客席を有することができる大型体育施設のことを言います。
ほとんどの場合には、仮設ステージ+競技椅子席として大型のイベントを開催することができる会場となります。

収容人員 5.000~20.000人程度
天井高 15~20m
容積 100,000~300、000㎡程度
用途:スポーツ バレーポール、バスケットボール、バドミントン、テニス、体操、屋内陸上競技、ボクシング、レスリングなど
用途:スポーツ以外 コンサート、ショー、集会、展示会、式典など

スタジアムの定義とは

観戦が楽しくなる方法

スタジアムとは客席のある競技場や野球場、陸上競技場のことを指します。
また、屋内とは限らず、屋外に対しても呼ばれます。
用途は比較的に単一であり、スポーツ以外の用途としては展示会、各種集会などがあります。

収容人員 20,000~60,000人程度
天井高 60m以上 野球に対応するため
容積 1,500,000~3,500,000㎡程度
用途:スポーツ 野球、陸上競技、サッカー、フットボールなど
用途:スポーツ以外 コンサート、大型ライブ、イベント、展示会、展示など

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

関連記事

  1. 2011年アジアカップ決勝、日本VSオーストラリア戦

  2. アメリカと日本の施設に見る、食とスポーツに関する意識

  3. ニュースポーツ『バブルサッカー』とは!?

  4. スポーツを通した、身体的・精神的メリット

  5. 体育館の床が滑りやすくなる理由とは

  6. バレーボール 9人制のルール