1987年プールサイドエポキシ樹脂注入のようすです(改修工事)

プール

1987年プールサイドエポキシ樹脂注入工事

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
本日は、1987年(昭和62年)のプールサイド改修の事例です。

松岡毅賢
松岡

現在、FRPプールやステンレスプールが一般的になっていますが、この頃はモルタルプールも多かったんですね!
今では、あまり見られなくなってのですが。
モルタルプールはクラックなどが発生するため、補修が必要だったんです。
懐かしいですね!

施工地域長野県
施工場所長野市運動公園飛び込みプール
施工内容飛び込みプール改修工事
目的モルタルプールのコーピングのクラックの劣化と強度を改修

劣化したモルタルプールの強度を回復するためにエポキシ樹脂を注入する工事です。

モルタルの空洞ヵ所を打音検査にて特定していきます。
空洞であればエポキシの注入で済みますが、モルタルの一部が躯体より剥落するほどの劣化である場合には一度、はつって、再度躯体を形成します。

その後、塗装を行うことが一般的です。
コートラインプロでは、プールの躯体を問わず改修を行ってきました。
プールの改修や塗り替えについて、まずはご相談ください。

打音検査のようすです。

モルタルにエポキシを注入するための穴を開けていきます。

痛んだ部分にはモルタルにて補修を行います。

プール本体の周辺部のコーティングやプールのコーティングは水が直接塗膜の表に触れるというプールならではの過去な条件を耐えなければなりません。
躯体修繕後、プール用塗料にて塗装を行っていきます。

コートラインプロではプール改修やプール塗装において数多くの績があります。
その他の事例についても、サイト内の施工レポートにてご覧いただけます。

プールメンテナンスのご提案

プールが劣化していませんか?

プールが劣化していませんか?

プールに劣化箇所や危険箇所は見られませんか?
プール本体の塗装においては、5年以上経過したくらいから劣化が始まり、10年に1度が塗り替えスパンと言われています。
しかしながら使用されているプール用塗料の種類や性能、周囲の環境によって大きく異なります。
また、ノンスリップ加工の摩耗やプールサイドの不陸化、クラックや設備の劣化による突起化など、安全性の欠如が想定されます。
定期的に診断を行い、症状を把握、適切なメンテナンスを行うことでより良いプール環境に戻ります

ご挨拶

 

はじめまして、コートラインプロの霜鳥です。
スポーツフロアの施工からメンテナンス、体育設備の事ならお気軽にお問い合わせください。

 

もしお時間がありましたら、私たちの床工事への想いと歴史をご覧くだされば幸いです。

 

 

 

 

スポーツフロア施工メニュー

体育館の豆知識

スポーツフロアメンテナンスの知識

 

 

 

スポーツフロア工事のあれこれ

体育設備工事のあれこれ

インフォメーション

スタッフ紹介

ご連絡先はこちら

 

長野本社
〒380-0928
長野市若里1-27-2
TEL:026-227-7093
FAX:026-224-3314
営業時間 8:30~18:30
対応エリア
関東甲信越地域

 

千葉営業所
〒272-0013
千葉県市川市高谷1-11-26
TEL:047-315-8394
FAX:047-713-3429
現場に出ていることが多いのでお急ぎの方は本社にお掛けください。
対応エリア
関東地域

※その他の地域についてはご相談ください