1987年体育館床研磨塗装工事のようす

体育館床研磨塗装工事のようす

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
本日は、1987年(昭和62年)の体育館床研磨塗装事例です。

松岡毅賢
松岡

体育館床研磨塗装の現場です。
この頃の、フローリングは、無垢のフローリングボードが一般的でした。
複合フローリングや積層フローリングのような寸法安定性はなく、時の経過によって反りやあばれがでる傾向にあります。
それでは、研磨塗装事例ご覧ください。

施工場所体育館床スポーツフロアー
施工内容フローリング研磨ポリウレタン樹脂塗装・スポーツ競技用コートライン引き「バスケットボールコートライン引き・バドミントンコートライン引き・バレーボールコートライン引き・ハンドボールコートライン引き」
目的スポーツフロアーに研磨塗装を行いフロアコンディションを回復させる
施工経緯お客さまからのご依頼

施工前の写真がありませんでしたが、研磨後のようすです。
キレイな白木になっています。

この後、ポリウレタン塗装下塗り中塗りを行い、続いてスポーツ競技用コートラインを引いていきます。

際にスポーツ競技用コートライン引きを行った後になります。
職人さんによって仕上がり確認が行われています。

写真を見ると、ハンドボールコートライン・バスケットボールコートライン・バドミントンコートライン・メインバレーボールコートライン・サブバレーボールコートラインが描かれているのが分かります。
バスケットボールコートライン、今では全然違う形になりました。

最後にポリウレタン塗装の仕上げを行っていきます。
この仕上げによって、スポーツ競技用コートラインが中塗りと仕上げの間に挟まれ、サンドイッチの状態になります。
仕上がったスポーツ競技用コートラインは浮き出た感じになります。
この頃は油性塗料が一般的に使われていました。

写真では簡単に塗っているように見えますが、はそうでもないんです。
重たい塗料を、広い体育館に塗って行く訳ですから、地味に見えて腰にくるんです。

また、防護マスクや手袋などを忘れる訳にはいきません。

体育館を密閉状態で塗った空間のシンナー臭はきついですから。
今では、水性塗料や、弱溶剤の塗料があるため、そこまでシンナー臭のきつさが無くなってきましたが、昔の溶剤は正直きつかったです。
特に油性2液の時代にはマスクをしていても目がチカチカしたものです。

ご挨拶

 

はじめまして、コートラインプロの霜鳥です。
スポーツフロアの施工からメンテナンス、体育設備の事ならお気軽にお問い合わせください。

 

もしお時間がありましたら、私たちの床工事への想いと歴史をご覧くだされば幸いです。

 

 

 

 

スポーツフロア施工メニュー

体育館の豆知識

スポーツフロアメンテナンスの知識

 

 

 

スポーツフロア工事のあれこれ

体育設備工事のあれこれ

インフォメーション

スタッフ紹介

ご連絡先はこちら

 

長野本社
〒380-0928
長野市若里1-27-2
TEL:026-227-7093
FAX:026-224-3314
営業時間 8:30~18:30
対応エリア
関東甲信越地域

 

千葉営業所
〒272-0013
千葉県市川市高谷1-11-26
TEL:047-315-8394
FAX:047-713-3429
現場に出ていることが多いのでお急ぎの方は本社にお掛けください。
対応エリア
関東地域

※その他の地域についてはご相談ください