スポーツコートライン追加工事事例(バスケ・バドミントン)

バドミントン

スポーツコートライン追加工事事例(バスケ・バドミントン)

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所体育館床「スポーツフロアー」
施工内容スポーツコートライン追加工事「バスケットボールコートライン引き・バドミントンコートライン引き」
目的スポーツ競技用コートラインを追加して施設環境を向上
施工経緯お客さまからのご依頼

スポーツ競技用コートラインが、かすれていたり見にくくなっていませんか?
コートを使用する際に見にくいのは判定がしずらいですよね!

そこでコートラインプロでは、コートラインの視認性を回復するための再塗装工事のご案内やコートライン追加工事のご案内をしています。
コートラインプロではコートライン工事以外にも、スポーツフロアー工事や体育設備工事を行っています。

ところでスポーツフロアーや体育設備にこんなことありませんか?

☑ 防球ネットに不具合がある
☑ フローリングフロアーが欠けてしまっている
☑ バスケットボールゴールの昇降がうまくいかない
☑ 床金具の調子が悪い
☑ スポーツフロアーのグリップが悪い
☑ スポーツフロアーが滑る

コートラインプロではスポーツフロアーや体育設備の点検からメンテナンスまで行っています。

本工事はスポーツコートライン追加工事(バスケットボール1・バドミントン4)です。

リフォーム前のバドミントンコートはラインテープを張って使用されていましたが、合宿の際にバドミントンでの利用頻度が高いとのことで今回のリフォームでは、ラインテープを剥がし新しいラインを画線しました。
床にラインテープを張って使用されている体育施設がありますが、長期間テープを張り続けたまま放置すると床に負担をかけることになります。
使用頻度の高いスポーツコートなどの場合は画線されることをお勧めします。

The following two tabs change content below.
shimotori
最新記事 by shimotori (全て見る)