コートラインプロtopics

  1. ウォーミングアップの重要性

    ウォーミングアップの重要性スポーツによるケガはウォーミングアップを怠ったばっかりに起こる事も多々あります。例えば、ウエイトトレーニングにおいてのウォーミングアップは大変重要で、充分にウォーミングアップをしなければなりません。

  2. 高齢化社会におけるスポーツの役割を考える

    日本の高齢化率高齢化率とはご存知でしょうか?その国の、総人口に対する65歳以上が占める割合をいいます。高齢化社会、日本ではよく聞く言葉ですが、実はさらに細かく定義されています。高齢化率7%を超す社会を高齢化社会、14%を超す社会を高齢社会、21%を超す社会を超高齢化社会といいます。

  3. バレーボール観戦を楽しむ方法

    こんなことに注目すると、楽しみ方が増えるバレーボール観戦

    ここに注目すると違ったバレーボールの魅力が発見できるかもバレーボール現在ももちろん人気ですが、以前、全日本バレーボールがとても人気な時期がありました。その当時の柳本ジャパンになりますが、とても強いチームだなと感じました。選手は高橋選手と竹下選手のコンビが女子バレーを引っ張っていましたね。

  4. スポーツ庁の役割とビジョンとは?

    スポーツ庁の役割とビジョンとは?スポーツ庁の発足スポーツ庁は2015年10月1日に、文部科学省の外局として設置されました。初代スポーツ庁長官には鈴木大地氏が就任しました。

  5. スポーツフロアーに求められる性能とは?

    スポーツフロア―に求められる性能スポーツフロアをもつ施設には体育館をはじめ、ダンススタジオやフィットネススタジオ、ジムなどがあげられます。スポーツフロアは、壁や屋根と違い、その上で運動競技を行う特別な環境であること、人が常に触れることから、いくつもの性能が要求される場所であります。

  6. 日本チャチャチャの歴史とは!?

    リオデジャネイロ五輪、感動をありがとう今回はバレーボールについてお話ししたいと思います。早いものでリオデジャネイロ五輪から半年が経ってしまいましたね。いまだにあの興奮が忘れられません。

  7. 地域を活性化するスポーツイベント

    スポーツイベントの経済効果スポーツイベントの関心の高まりは、実際にイベント開催という形でスポーツを活性化させています。その動員数は、美術館・水族館・寺社院などと比べても高く、ライブなどの集客にも引けを取らない可能性を秘めています。

  8. コートラインプロのスポーツフロア施工とメンテナンスについて

    コートラインプロのスポーツフロア施工についてコートラインプロではスポーツフロアの施工を行っています。置床下地や組床下地の上張りに対応しています。床下地や上張り規格に対しての、ご相談も受けています。

  9. 低学年のうちに体を動かす楽しみを感じるスポーツ

    遊びながら体を動かすことは好きだという子供は多いです体育の授業は、陸上競技や球技、縄跳びや体操、水泳など、型にはまったものが多いと思います。運動が苦手だという子と得意だという子がいますが、遊びながら体を動かすことは好きだという子供は多いです。

  10. 屋内運動場はスポーツを通して交流を楽しめる場所でもあります

    屋内運動場での卓球スペース屋内運動場と言えば、昔は少し陰気な印象を持っていました。しかし今では環境が良く思えます。あらゆる人が利用できる場所という良い印象がある場所だからです。また、天候や季節に左右されず利用できるのも良い印象ですよね。

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る