ブログ

  1. アリーナとスタジアムの定義とは

    アリーナとスタジアムの定義とは体育館やスポーツ競技場は、小体育館や大体育館といった名前で呼ばれます。

  2. 初心者でも気軽に楽しめるスポーツ!卓球!

    初心者でも気軽に楽しめるスポーツ!卓球!今では複合型の娯楽施設にも卓球場が併設されています。定番の温泉施設などでは入浴後に皆で楽しむスポーツであり、体力を浪費しにくいことから老若男女問わず一緒に楽しめるし、室内で行うので天候や昼夜を気にせずに、楽しめる点がいいですね。

  3. コートラインプロ・プール再生技術レジペント工法

    コートラインプロ・プール再生技術レジペント工法昭和50年代からプール塗装を手掛けてきた、プール改修業者の再生技術・真心をこめて・・安全に、快適に、衛生的に!!ほとんどのプールは屋外にあり、常に太陽の紫外線や雨風、夏季の高温、冬季の凍害、またシーズン中の塩素の使用などの過酷な環境下に置...

  4. 体育館床フローリングメンテナンスについて

    体育館床フローリングメンテナンスについて内容体育館床フローリングメンテナンスについて日常清掃DPCドレッシング特別清掃「汚れの除去」DPCラバークリーナー 保護管理ウレタンメンテンス・ウレタントップコート補修管理レジ...

  5. テニス(硬式テニス)のルール

    テニスコートの寸法及び規格テニスコートの寸法シングルスコート 縦 23.770m × 横 8.230mダブルスコート  縦 23.770m × 横 10.970mライン寸法は、すべてラインの外側から測る。

  6. 交流の場として注目されるスポーツ施設

    交流の場として注目されるスポーツ施設スポーツは、健康を維持するためには欠かせない要素です。やはり、年齢を重ねるにつれて体形を気にしている人もいらっしゃるのでは?体型が気なるけど何をしたらいいのかわからない人も多いはずです。そんな時に便利なのが、スポーツ施設です。

  7. 自分ルールなど作ってスポーツを楽しんでみては

    自分ルールなど作ってスポーツを楽しんでみては屋内のスポーツで思い浮かぶものといえば、バレーボール・バスケットボール・バドミントン・卓球など色々あります。また、基本的には屋外で行うスポーツだとしても、悪天候だったり真夏、真冬だという理由から屋内で行う機会もあると思います。

  8. 屋内スポーツのメリット

    屋内スポーツのメリット屋内スポーツにはバレーボールやバドミントン、バスケットボールなどの球技をはじめとして、柔剣道・体操などがあります。そこで本日は屋内スポーツのメリットをお伝えしていきたいと思います。1つ目は、気候の変動を受けにくいことが挙げられます。

  9. 幅広い年齢層が楽しんでいる『ソフトバレーボール』の魅力とは!?

    幅広い年齢層が楽しんでいる『ソフトバレーボール』の魅力とは!?幼稚園から大学までスポーツの授業はあります。今回、幅広い年齢層が楽しんでいる『ソフトバレーボール』を紹介したいと思います。ソフトバレーボールはどんなスポーツ?普通のバレーボールは基本1チーム6人か9人で行われます。

  10. ”する”だけでなく”みる””支える”を施設に取り入れることで生まれる変化とは!?

    ”する”だけでなく”みる””支える”を施設に取り入れることで生まれる変化とは!?以前の記事「新国立競技場に見るアスリートファースト!最高のパフォーマンスを発揮できる環境を東京五輪で」で”新記録がでるような試合であれば見に来てよかった、また見に来たいと思うのではないか。

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る