1987年モルタルプールFRPライニング改修工事のようすです

 

モルタルプールFREライニング改修工事のようすです

施工地域 長野県麻績村
施工場所 麻績小学校プール
施工内容 プール塗装改修「FREライニング工法」
目的 モルタルプール躯体修繕及び再塗装を行い強度を回復する
施工経緯 お客さまからのご依頼

懐かしいですね。写真は1987年の5月に手掛けたプール改修工事のようすになります。
ちなみに1987年は昭和62年になります。
弊社のプール塗装は昭和40年代後半~昭和50年はじめに掛けて確立されていきました。
施工前のモルタルプールです。
最近は、FRPプールやステンレスプールが主流となり、新設時には見かけなくなりましたが、既存プールにはまだまだ、残っています。
モルタルプールは経年劣化により、クラックが発生します!
そのため、躯体からモルタルの一部が剥がれてしまう可能性があります。
そうならないためにも、早めに躯体の強度を回復させなければなりません。
モルタルの浮き箇所にエポキシ樹脂の低圧注入を行います。またモルタルクラック部においても補修を施します。
その後、下地調整である高圧洗浄およびケレンを行いガラスクロスをライニングしていきます。

あちらこちらに、モルタル躯体のクラックが見受けられます。
結構なクラックです。

施工前にプール全体を写した写真になります。

クラックに対しカットを施しています。補修材がしっかりと密着するようにカットします。

エポキシ樹脂の低圧注入を行っています。
空洞箇所に向け、しっかりと注入を行っていきます。

ガラスクロスに樹脂に塗っていくことで強固な塗膜が出来上がります。
固さと柔軟さを兼ね備えた、FREライニング工法は、躯体の動きにも追従します。

一人がガラスクロスを敷き、一人が樹脂を塗っていきます。

ジョイント部もしっかりと重ねて施工を行っていきます。
段々とモルタル部が隠れて、FEP層が出来上がっています。

下塗りの完成です。ガラスクロスが敷き詰められ、FRP層ができあがりました。

完成写真が無かったので、完成に近い写真を載せています。

プールメンテナンスのご提案

プールが劣化していませんか?

プールが劣化していませんか?

プールに劣化箇所や危険箇所は見られませんか?
プール本体の塗装においては、5年以上経過したくらいから劣化が始まり、10年に1度が塗り替えスパンと言われています。
しかしながら使用されているプール用塗料の種類や性能、周囲の環境によって大きく異なります。
また、ノンスリップ加工の摩耗やプールサイドの不陸化、クラックや設備の劣化による突起化など、安全性の欠如が想定されます。
定期的に診断を行い、症状を把握、適切なメンテナンスを行うことでより良いプール環境に戻ります

プール改修提案資料をご用意しています

プール改修提案資料

これからも提案資料充させていきます

コートラインプロではプール改修についての提案資料や営業資料・技術資料まで充!!
プール本体の工事だけでなくプール施設関連工事においての事例も掲載しています。
学校さまや施設管理者さまにご利用いただいています。
プールメンテナンス資料、必要でしたら、まずはご連絡ください。
プール関係の工事に績の多い担当者が対応させていただきます。
ライン

学校プールの予防メンテナンス

掲載内容
☑ プールの老朽化
☑ プール劣化に伴う危険ヵ所
☑ 改修事例・メンテナンス事例

ライン

プールリフレッシュメンテナンス

掲載内容
☑ ご挨拶
☑ プール躯体の劣化と補修方法について
☑ 部位ごとの対策

ライン

プールの塗り替え提案や改修提案いたします。

プールの塗装や修繕お任せください

プールの修繕や改修お任せください

コートラインプロではプールの改修や塗り替えに対しご提案をしています。
これまでも設計事務所さま初め、学校さま・公共施設さまなどのご相談をお受けしてきました。
尚、プール塗装については対応地域がございます。
まずはご相談ください。

The following two tabs change content below.
shimotori
最新記事 by shimotori (全て見る)