体育館床フローリング欠け修繕事例

佐久市内高校体育館補修施工完了しました

体育館床フローリング欠け修繕事例について

施工場所 体育館フローリングフロアー
施工内容 フローリングフロアー欠け及び危険ヵ所張り替え
目的 フローリングの欠け及び危険ヵ所張り替えて安全性を高める
施工経緯 お客さまからのご依頼

体育館床フローリング欠け修繕事例のようす

体育館床の修繕補修工事

おはうございます。
コートラインプロの天野です。
佐久市内の高校さまの体育館の床修繕工事ですが、無事完了しました。
フローリングが新しく見えても損傷ヵ所があちらこちらに見られることがあります。
研磨塗装を行いフローリングがキレイになっている場合があるからです。
キレイになっているからと安心せずに、欠けや損傷があるか日常清掃を行うなかで確認してください。
ささくれや損傷が見られるようなら一度専門の業者に見てもらうことが必要です。
スポーツフロアーの性能は経年によってある程度劣化していきます。
しかしながら劣化の速度は維持管理の仕方によって差が出ます。
こまめにメンテナンスを行っている施設は長期に渡ってフロアコンディションが良好に保たれています。
スポーツフロアーは適切な維持管理や点検・修繕によってスポーツフロアーとしての性能を長く保ち、初期性能を維持していくことができるのです。
今回の修繕内容は

☑ 床不良部分の補修約30箇所
☑ フローリングの隙間部分の補修約60箇所
☑ フローリングの張り替え約20箇所
でした。
今回の修繕工事は作業4日養生1日の計5日の工事期間で行ないました。
ありがとうございました。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンスフローリング張り替え・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

The following two tabs change content below.
天野裕士
最新記事 by 天野裕士 (全て見る)