中学校体育館床鳴り修繕工事

中学校体育館床鳴り修繕工事

中学校体育館床鳴り修繕工事

施工場所 体育館床鳴り箇所修繕
施工内容 体育館の床鳴りを改善する
目的 フロアーコンディションをより良い状態に
施工経緯 お客さまからのご依頼

本日は長野県南信地方の中学校にて、体育館床下地の不陸調整を行っています。
床下地に使われているのは鋼製床下地の組床用部材です。
総合体育館や学校体育館のアリーナにおけるまで、スポーツ競技に最適なフロアをつくり出すことができます。
基本的に床下地材は、大引・根太支持脚フローリングの下張り材となるコンパネなどの構造材、ゴム、バネなどの緩衝材で構成されています。
しかしながらロックコンサートや相撲の土俵などを目的として利用する場合には、強度が不足することが想定されます。

話を戻します、工事の内容を簡単に説明すると床鳴りする所を直すといった作業になります。

床下は高さが60㎝程ありましたが、狭いところの作業なので大変でした。

中学校床下地不陸調整中学校床下地不陸調整

毎日のように跳んだり跳ねたりしている施設なので振動等でボルトが緩んだりひどい時には支持脚にヒビが入ります。

こうなると部品を交換しなければならなくなります。

最後にお客様に確認していただき作業終了しました。

ということで、今日も暑かったけど、床下は他よりも冷んやりとして少しは暑さから逃れられました(笑)

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

The following two tabs change content below.
天野裕士
最新記事 by 天野裕士 (全て見る)