社員寮置床工事

社員寮置床工事

庭の十月桜が花を咲かせ、信州の短い秋の訪れを知らせてくれました。
こんにちは、コートラインプロ天野です。
本日は、とある企業様社員寮内での置床工事リポートをお届けします。
余談ですが、この置床。人によって、呼び名が違うのを知ってましたか??
二重床乾式二重床、鋼製床組、フリーアクセスフロアーなどなど。
まぁ、どれもなんとなく意味は分かりますね!!
そこで私、他にもこういったものがあるのではと、インターネットヤフーで調べてみました。
みなさん、「バンドエイド」って知ってます?
誰しも1度はお世話になったと思いますが。
この「バンドエイド」、地域によって呼び方が違うんです。
関東や関西は「バンドエイド」派多数
東海北陸は、「ばんそうこう」
東北、中国、四国は「カットバン」多し
富山は「キズバン」
北海道は驚きの「サビオ」!
九州は「リバテープ」!
サビオ、リバテープ、、、もはや何なのかすら分かりません。。。
ちなみに東海地区出身の私は、仕事でもよく使う「マスキングテープ」ですっ(涙)
で、この「マスキングテープ」
地域によって呼び方が違うのをご存知ですか??
この話は長くなってしまうので割愛させていただきます。(笑)

置き床工事について

さて、作業はというと順調に進んでおります。
写真でもお分かりと思いますが、この置床の高さが相当低いです。
3枚目の写真では、薄い鉄板製の受け皿を使用してます。
通常の受け皿の厚みは20mmですから、限界に挑戦しております。
置床を組んだ後は、その上に直にフローリングを貼り込んでいきます。
またリポートさせていただきます。

The following two tabs change content below.
shimotori
最新記事 by shimotori (全て見る)