床下地調整

床下地調整工事

体育館床下地調整
おはようございます。コートラインプロの保坂です
今回は宿泊施設の専用体育館の床工事に来ています。
床がなるのでどうにかしてほしいというご依頼です。
現地に着くとなるほど、バスケットゴール下部分がギシギシといい音を鳴らしてました。
バスケット板のゴール下はやっぱりリバウンドとかで床は過酷な状況となるんですよね。
床の点検口があれば潜って下地を調整すれば治まる場合がほとんどですが、今回は点検口がついておらず、床下の高さは20センチ程となっていました。
とりあえず下地が損傷しているであろう場所を開口してみると、ピンポイントで支持脚が出てきました。
調整・補強をして収めました。
最小限の羽化修繕となりました。

体育館の建設ラッシュから多くの時が経ち、手入れを行わなければ行けない状態の体育館が見受けられます。
お客さまにメンテナンスの必要性をご案内していくべきだと弊社では考えています。
修繕時にフロアのことを考えた資料などを作成しています。
施設をお持ちの方に、是非知っていただきたい内容となっています。
お気軽にお問い合わせください

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

The following two tabs change content below.
shimotori
最新記事 by shimotori (全て見る)