施工レポート

3.52014

体育館床メンテナンス「特別清掃」

体育館床メンテナンス「特別清掃」

施工場所 体育館床スポーツフロアー(フローリングフロアー)
施工内容 フロアの簡易清掃及びヒールマーク等の付着した汚れの除去
目的 キレイな状態でのスポーツ施設の維持
施工経緯 お客さまからのご依頼

こちらの施設様は年に一回特別清掃を兼ねたメンテナンスをご依頼いただいています。
際にどういった事をするかですが、フロア上に頑固な汚れ(簡単な清掃で落ちないもの)がありますがそれをキレイに落とします。
例えば、靴底が黒系の色や白系の色を使用した際に起こるヒールマークや、テープを剥がした時に残った糊や床に付きっぱなしのテープなどを弱溶剤や、その他の清掃道具を使いながら除去します。
最後にフロアー部分を全的に自動床洗浄機を使ってキレイにしたら終了です。
写真の様子ですが一年位でこんなに汚れるものなんです。
使用後に清掃をしていると思いますが基本的にはゴミやホコリをとるだけだと思います。
そのため汚れが蓄積していくので清掃をかけるとこれだけの汚水が出る事になるのです。
その他にもフロアーや体育器具などに破損や不備が起こっていないかを一緒に点検し施設管理者の方に報告書として提出をしています。
当社では施設管理者の方が安心してフロアー等の維持ができるようにお手伝いをしています。

テープを貼った後のノリや靴でついたヒールマークです。これらの汚れを特別清掃にて除去していきます。

テープを長期にわたり貼り続けることで、非常に除去しにくい汚れとして残っていまいます。
洗浄機でも落としにくいため、前もってノリや汚れを取り除いていきます。

モップや洗浄機にてフロアー表についた汚れを落としていきます。

清掃後には使用した水がこれほど黒ずみます。毎日の使用によって見えない汚れが付いているのです。
コートラインプロでは定期的な点検及び特別清掃とウレタンメンテナンスを推奨しています。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

投稿者:
施工カテゴリー:, , , ,
施工タグ:, , ,

過去の記事

  1. 8.82017

    体育館メンテナンス調査17(防球ネット改修)

    体育館メンテナンス調査(防球ネット改修)について現調場所体育館(間仕切り防球ネッ...

  2. 8.82017

    体育館メンテナンス調査16(フローリング張り替え・床研磨塗装)

    体育館メンテナンス調査(フローリング張り替え・床研磨塗装)について現調場所体育館...

  3. 8.72017

    体育館床メンテナンス調査15(床金具改修)

    体育館床メンテナンス調査(床金具改修)について現調場所体育館床金具現...

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る