施工レポート

2.12012

体育館フロアーストーブ焦げ跡ヵ所張り替え復旧工事

体育館フロアーストーブ焦げ跡ヵ所張り替え復旧工事

施工場所 体育館スポーツフロアー(フローリング床)
施工内容 焦げたフローリングを張り替え後に保護塗装を行う
目的 フローリングの性能と強度回復
施工経緯 お客さまからのご依頼

特に冬場に多い事例のひとつです。
このようなケースは特に寒冷地の体育館で見られます。
床に熱対策を行わず、ジェットヒータを長時間使用している場合に写真の様に表が焦げてしまう事があります。
特に高い温度の熱風が長時間フローリングに当たり続けると表が焦げてしまう事があるのです。
熱風が出る位置とフローリングの位置が近すぎると起こりやすいので、接地が近くない商品を選択することである程度は防ぐ事ができます。
フローリングに一度焦げ跡が付いてしまったら取ることができない場合がほとんどで、そのために新しく張り替える場合が多いです。
中にはなるべく目立たないくらいまで研磨をして最後に保護塗料を塗ってほしいと要望されるお客様もいますが、削りすぎて周りとの不陸が出てしまう恐れもあるので注意が必要です。
ストーブなどの暖房器具は冬場しか使わないので、使用時には十分に注意をしましょう。

ジェットストーブの使用によってフローリングが焦げてしまったようすです。
全部で4か所がこのような状態になっていました。

焦げた部分のフローリングを剥がしていきます。体育館のスポーツフロアはしっかりしているので剥がすのにも一苦労です。

剥がし終わりました。新たにフローリングを張るために清掃をしてキレイにします。

同じ樹脂の、同じ寸法のフローリングを張っていきます。張った後には目違いができないように削っていきます。

フローリングの塗装を行っていきます。着色してからウレタンを3回塗ります。

施工完了です。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

投稿者:
施工カテゴリー:, , ,
施工タグ:, , , ,

過去の記事

  1. 8.82017

    体育館メンテナンス調査17(防球ネット改修)

    体育館メンテナンス調査(防球ネット改修)について現調場所体育館(間仕切り防球ネッ...

  2. 8.82017

    体育館メンテナンス調査16(フローリング張り替え・床研磨塗装)

    体育館メンテナンス調査(フローリング張り替え・床研磨塗装)について現調場所体育館...

  3. 8.72017

    体育館床メンテナンス調査15(床金具改修)

    体育館床メンテナンス調査(床金具改修)について現調場所体育館床金具現...

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る