体育館スポーツフロアウレタンメンテナンス・ウレタントップコート

体育館スポーツフロアウレタンメンテナンス・ウレタントップコート

施工場所 体育館「フローリング
施工内容 体育館フローリングウレタンメンテナンス
目的 フローリングの保護、フローリングの性能回復
施工経緯 お客さまからのご依頼

体育館をはじめとした、屋内運動施設は日頃から多くの人が利用しています。
体育館のフローリングには、保護と運動に適したグリップ力が必要なことから、ウレタン樹脂にて塗装してあります。
多くの人が毎日利用しているの使用環境の場合、徐々にですがフローリングの性能が低下していきます。
靴の裏についたホコリやごみが塗膜と擦れるのを防ぐことを目的とした清掃を行う際、化学薬品を含んだモップを使用している施設があります。
ホコリやゴミを取ることができますが、化学薬品の成分で床が滑りやすくなってしまいます。
滑りやすくなった床で運動をすると止まる動作の際に、必要以上に足に負担がかかるため転倒してしまう恐れがあるのです。
徐々に低下していくフローリングの性能を回復するため、定期的なウレタンメンテナンスが必要になるのです。
メンテナンスをする際も現状のフローリングの上から塗装をすることはできないので、洗浄などの下地処理をして汚れや余分な成分を除去してからウレタンの塗装を行います。
作業自体は最短で一日、養生で数日いただきますがご理解ください。

体育館ウレタンメンテナンス施工前

施工前の状態です、定期的にウレタンメンテナンスを行っている施設なのでコンディションは良好に保たれています。
前述しましたが、新築時の体育館はウレタン塗装で仕上げられています。
競技に適した滑り係数に設計されていて、適度なグリップ力があります。
良く問い合わせをいただくケースに体育館が滑りやすくなってしまったので見てほしいという依頼があります。
塗膜が摩耗し地肌が散見しているケースでは、フローリング地肌が靴との摩擦によって、すり減り滑りやすくなっていることが多いです。
ワックスにも同様なことがいえます。
ワックスはウレタンと比べ耐摩耗性が遥かに劣ります。
ワックスは直ぐに摩擦し滑りやすくなります。
そのためワックスメンテナンスをしているスポーツフロアーは滑りやすくなってしまっていることが多いのです。

体育館下地調整及びウレタンメンテナンス状況

下地処理後、ウレタンメンテナンスを行っていきます。
摩耗が大きい場合には2回塗りで仕上げるケースがあります。

体育館ウレタンメンテナンス完了

仕上げのようすです。光沢が蘇りました。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

 

The following two tabs change content below.
shimotori
最新記事 by shimotori (全て見る)