施工レポート

7.52016

バドミントンコートのライン補修・ライン再生なら私たちにお任せください

バトミントンのコートラインもコートラインプロへお任せ下さい

バドミントンコートのライン補修・ライン再生工事

施工場所 中学校床
施工内容 バドミントンコートライン再生
目的 見えずらくなってしまったバドミントンコートを再生させる
施工経緯 お客さまからのご依頼

スポーツコートラインのかすれによって見えずらくなったバドミントンコートを再生しています。
長年の使用によってコートラインにかすれなどが出てしまっている状態でした。
バドミントンコートは利用率が高いだけあって、あちらこちらにかすれが見られようになっていました。
かすれが発生するということは、バドミントンコートラインの上のウレタンで仕上げた塗膜が摩耗して無くなってしまっていることを意味します。
この状態では体育館に滑りやすい個所と滑りにくい個所ができてしまいます。
本来、フロアーコンディションは均一に保たれている必要があります。
研磨塗装やウレタンメンテナンスでグリップを改善することをおススメします。
また、たまに相談されることに、体育館を貸し出した後に部分的に滑りやすくなってしまったなどです。
体育館はイベントや文化祭などで利用されることがあります。
展示品を設営する際にグリースや油などが床についてしまってグリップ力が低下したと考えられます。
また、施設利用後に使用にあたって部分的に汚れがついてしまい落とそうと持ち込んだ化学モップなどでゴシゴシと拭いてもグリップが変わってしまいます。
こうなると、業者による洗浄が必要になります。
滑りやすくなる原因をつくらずに体育館床の清掃に適した用具を使いましょう。
スポーツコートラインの改修工事ならスポーツコートライン改修工事績数(バスケットボールコートライン改線工事700含む)1,200件以上のコートラインプロにお任せください。
フロアメンテ
株式会社霜鳥ではスポーツフロア及び体育器具のメンテナンスを行っています。動画はフロアメンテナンス工事を行ったビフォーアフターです


フロアを痛めてしまう原因をできるだけ避けましょう。

☑ 水分と湿気に気を付ける
☑ 土砂・埃を持ち込まない
☑ ワックスを使用しない
☑ 尖った硬いもので傷つけない
☑ 重量物を落とさない

グランドからの砂誇りを入れないようにすることや、入ってしまってもモップ掛けでしっかりと掃き出すことなどが必要です。
また普段ステージ収納にしまってある椅子ですが、足の鉄パイプが露出していることがありますので対策を講じてください。

※弊社では適切なメンテナンスが分らないという方向けにガイドブックをお配りしています、資料請求からお問い合わせください。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

各種フローリングメーカーの材料取り扱っています。置床・鋼製床についてはお問い合わせ下さい

各種フローリングメーカの材料扱っています

さまざまなフローリングメーカの材料扱っています

コートラインプロでは国内有名メーカーの床下地材・床材をはじめ無垢フローリングに至るまで様々なメーカー様と取引をさせていただいております。
桐井製作所・染野製作所・三洋工業・淡路技研・フクビ・万協フロアー・ウッドワン・朝日ウッドテック・永大産業・ノダ・大建・イクタ・パナソニック・リクシルメムコーポレーション・南海プライウッド・札鶴べニア・東洋テックス他

スポーツフロアメンテナンス冊子ご用意しています

フローリングリフォームの冊子ご用意してます

フローリングメンテナンスが分かる冊子をご用意しています

スポーツフロアメンテナンス用の冊子をご用意しています。
フローリングのメンテナンスのことが知りたい、フローリングリフォームをしたい・どんな材料にすればいいのか?
どんな工事を行えばいいのか?そういったお悩み、声をよく聞きます。
コートラインプロではフローリングメンテナンスやフローリングリフォームについて詳しくお伝えするために、冊子を用意しています。
ご希望のお客様は、お問合せください。

フローリングメンテナンス・フローリングリフォーム冊子紹介

体育館・武道場フロアの維持管理

掲載内容
☑ メンテナンスにワックスは不要
☑ 維持管理されるべきポイント
☑ 体育館清掃用モップについて
☑ 床性能の劣化とリフォーム?

ライン

体育館フロアの予防保全について

掲載内容
☑ スポーツフロアーの点検
☑ 簡易診断シート
☑ メンテナンスプラン

ライン

スポーツフロアトップコートメンテナンス「リ・サーフェス」

掲載内容
☑ フロアコンディションを維持するためのメンテナンス
☑ ワックスメンテナンスとリ・サーフェスの違い
☑ コストシミュレーション
ライン

商業施設・公共施設用フロアーメンテナンスリーフレット

フローリング再生工法

掲載内容
☑ フローリング再生事例
☑ 特殊技術で再生
☑ フロア撤去新設事例
ライン

フローリング再生工法について

フローリング再生工法冊子掲載内容
☑ フローリングにこんな症状見られませんか?
☑ 各種フローリング工事について
☑ 提案事例
☑ 工事
ライン

バドミントンをはじめようと思ったら!

バドミントンはラケットとシャトルさえあれば誰でも体験することが出来ますが、しかしながらただ打ち合うだけでは、そのスポーツの本当の白さを味わうことはできません。
練習をして上達していくことにスポーツの楽しさがあります。
バドミントンを始めるのに必要となるのは、ラケット、シャトル、シューズと動きやすい服装です。
スピードが求められる競技のため、動作を制限される服装は避けるようにしましょう
まず最初にラケットの握り方を覚えることが大切です。
ラケットのを床と垂直にし、グリップと呼ばれるラケットの持ち手部分を握手する向きで握ります。
際にシャトルを打つ前に、正しいフォームで素振りの練習をします。
間違ったフォームを覚えてしまうと後から修正することが難しくなってしまうので、最初に正しいフォームを覚えることが大事です。
正しいフォームを覚えたら、際にシャトルを打ってみましょう。まずは羽根つきのようにぽんぽんとラケットで上に向かってはじいてみてください。
相手にサービスを打ってもらい、それをキャッチする練習をします。
打ち返す場所を決め、その場所へ綺麗に打ち返すように色々な角度から練習してください。
なかなか思うように飛ばない時は、正しいフォームで打てていないか、あるいはタイミングが合っていないことが考えられます。
初めはあまりルールに縛られず、ラケットでシャトルを打ち返す時のスカッとする爽快感を体験してみてください。
バドミントンは体育館で行うスポーツですが、きちんとゲームを行えるようにその場所が整っているかというのも気を付けなければいけないポイントです。
床にワックスがきちんとかけられていない場合や、目に見えない砂などの粒子で滑りやすくなっていることがあります。
適切なスポーツフロアメンテナンスを行ってください。
バドミントンに限らずスポーツをする際はきちんとメンテナンスされている場所で安全に楽しむというのもとても大切なことなのです。

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

投稿者:
施工カテゴリー:

過去の記事

  1. 6.282017

    体育館床メンテナンス調査事例5

    体育館床メンテナンス調査について現調場所屋内運動場体育館スポーツフロアー(山梨県...

  2. 6.272017

    体育館床メンテナンス調査事例4

    体育館床メンテナンス調査について現調場所体育センター内・体育館現調内...

  3. 6.272017

    都内マンション、防球ネット撤去・再設置

    都内マンション、防球ネット撤去・再設置について施工場所都内マンション駐車場屋上テ...

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る