神奈川県秦野市体育館メンテナンス(スポーツコートライン引き)

バスケットボール新ルールコートラインデザイン変更

神奈川県秦野市体育館メンテナンス(スポーツコートライン引き)について

施工場所 中学校体育館床
施工内容 バスケットボールコートライン引き(体育館スポーツコートライン引き
目的 バスケットボールコートラインを新ルールへ適応させる
施工経緯 お客さまからのご依頼

神奈川県秦野市体育館メンテナンス(スポーツコートライン引き)のようす

こんにちはコートラインプロの天野です。
体育館メンテナンス(スポーツコートライン引き)についてです。ご覧ください

本日の施工内容

中学校でバスケットボールコートラインのデザイン変更工事が始まりました。
床にテープが貼られている部分が多く、施工に絡む箇所のテープの処理を行ないながら作業をしました。
本日の作業は

☑ バスケットボールコートライン新規ルール対応デザインの墨出し
☑ 施工箇所下地調整
☑ ライン塗装
☑ 清掃作業
☑ 明日の段取り
です。

明日には完了予定です。
本工事はフローリングフロアーのバスケットボールコートラインを変更する工事ですが、バスケットボールを行う際のサーフェスについては、適切な材質の床とされています。
学校体育では屋上のウレタン防水層や屋外グランドの一部などを利用したコートがあります。
クレイや全天候型舗装によって使用されています。
しかし、FIBAの主な公式大会においてはフロアの表は木材でなければならないとされています。「Level1の試合において」
FIBAの主な公式大会以外のFIBAの公式大会「Level2」では、またその他の国際大会・国際ゲーム「Level3」ではフロア表の素材は合成素材でも良いことになっています。

バスケ改線工事デザイン変更工事

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

The following two tabs change content below.
天野裕士
最新記事 by 天野裕士 (全て見る)