府中市体育館メンテナンスのための劣化点検

府中市体育館メンテナンスのための劣化点検について

点検場所 体育館スポーツフロアー
点検内容 体育館スポーツフロアー・体育館スポーツ設備「床金具・バスケットボールゴール盤・他」
目的 痛んだスポーツフロアやスポーツ設備のメンテナンスを行うため
点検経緯 お客様からのご依頼
使用材料 木床用塗料

府中市体育館メンテナンスのための劣化点検詳しい内容

こんいちは、コートラインプロの保坂です。
本日は、斎藤君と府中市の体育館にメンテナンス提案するための劣化点検に来ています。
7月11日、お客様からのご依頼で体育館の安全点検を行うとともにメンテナンスのアドバイスをさせていただきました。
際に現場のスポーツフロアを拝見させてもらったわけですが、経年の伸縮による波うちや隙間が見られました。
点検はスポーツフロアだけと思われがちですが、支柱や防球ネット等の体育器具や支柱を支える床金具も点検項目に入っていているので一緒に点検を施します。
幸いなことに体育器具や床金具などには問題ありませんでした。
キレイに使われている様で状態も良かったのですが、フローリングに直接テープを貼っているのが気になりました。
現在ではスポーツフロア専門のラインテープが販売され多くの施設でも使用されていると思います。
しかしながらスポーツフロアのラインテープは値段も少し高いので敬遠し普通のテープを使う方もいるそうです。
中でも粘着力の強いテープを長期にわたって貼っていると、いざ剥がそうとしたときに床塗装及び床材の表を傷めてしまう恐れがあります。
その粘着力の強いテープを無理やりフローリングから剥がすことで、フローリングの繊維が密着の強い方に引っ張られるので剥がした際に、ささくれになるケースがあります。
テープに付いている糊がフローリングにそのまま付着し、汚れてしまったりグリップにも差が出る事があるので注意しなければいけません。
ラインの代わりにテープを貼る場合にはスポーツフロア用のラインテープを使用するだけでなく、使用後は早めに撤去することで将来的にフローリングが剥がれてしまうといったトラブルに見舞われることも少ないでしょう。
フロア点検及びメンテナンス資料が必要な方はこちらか下記メールフォームより申し込みください。

資料請求
資料請求日本フローリング工業会正会員全国フローリング技能協会正会員㈱霜鳥 コートラインプロでは、バスケットボールコートライン変更工事をはじめ、様々な体育施設...

体育館メンテナンス現調及び安全点検

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!