スポーツ関連記事

フローリング用語集-釘打ち工法

釘打ち工法

フローリング材を釘により下地に施工する方法で、接着剤を併用する場合が多い。

下地による根太工法と捨張工法がある。

根太工法:床の下地の根太の上に直接床材を張る方法で、安価である。

捨張工法:根太やその他構造材の上に合板等を捨て張りした上に施工する方法で、たわみ反りを軽減できる。

フロアー用のステープル、スクリューネイルで下地板を通して、オスザネに45度の角度で打ち込む。

商品によっては指定釘・指定接着剤があるので、メーカーの取扱説明書に従った選択をする。

また、釘の浮き沈みによる単板のフクレには注意する。

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る