フローリング用語集-肌目

肌目

における構成要素、細胞の相対的大きさや性質などを指す。

一般的に導管のφが大きいものを「粗」、φが小さいもの又は年輪巾が小さいものを「精」という。ときには、均一、不均一、平滑などという表現がされることもある。