フローリング用語集-目違い

目違い

接ぎ手部分で本来両部材は同一平であるべきなのに、両部材に段違いができることを言う。

これを削って平滑にすることを目違いを払うと言う。