スポーツ関連記事

フローリング用語集-コンクリート下地

コンクリート下地

コンクリート含水率は10%以下とする。

下地が弱く、悪い場合はポリッシャー研磨するか、5.5㎜以上の合板を接着剤・コンクリート釘併用にて捨て貼りする。

既設床材の場合は、表に残存している塗膜・ワックス等をドラムサンダー等により除去する。

不陸の程度は1mの長さで3㎜以内とし、部分的な凹凸は必ず補修しておくこと。

 

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る