競技用フローリングの新しいメンテナンスシステム!『ウレテイト水性2液 オーバーコート』

オーバーコートとは

オーバーコートは無黄変水性ポリウレタン樹脂系コーティング剤(F☆☆☆☆登録番号:D04049)です。
体育館・武道場・ダンスフロアー等のメンテナンスに使用します。

1年~2年毎に『オーバーコート』を塗装することにより、木床を保護し、光沢のある美しい仕上がり外観でスポーツに適した競技床が得られます。
(スポーツ競技に適したすべり抵抗値(C.S.R)0.5~0.8で設計されています。)
オーバーコート
メンテナンスにはワックスは不要です!オーバーコートはワックスと異なります!

汚れた写真

ワックス塗付後、汚れた床写真

ワックスは、すべりの原因や油分が汚れを取り込み、美観や衛生状態に影響します!!
また、改修工事の際に塗料の上塗りが出来ない為、余分なコストがかかります。

用途

体育館、武道場等の競技用フローリングのメンテナンス用コーティング剤
オーバーコート用途

安全性

F☆☆☆☆、無鉛、低臭気、厚生労働省より指針値が出された揮発性有機化合物14物質を原料として使用しておりません。

荷姿

品名 荷姿
ウレテイト水性2液オーバーコート 15kgセット(主剤14kg、硬化剤1kg)

塗装仕様例

標準
塗装
工程
作業内容 備考
素地
洗浄
<既設ウレタン塗料塗装床>
既設のウレタン塗装床の場合、素地調整を行ってください。
<WAX使用既設>
WAX剥離剤を使用してWAXを剥離してください。
(ワックスや剥離剤等が残っていると、密着しない場合があります。)
その後、素地調整を行ってください。
素地
調整
素地調整は、旧塗膜の床を除塵し平滑にする。
研磨材#180~#240を使用し、ポリッシャーにて仕上げ研磨し、
電気掃除機で除塵し、ゴミ・ホコリ等を十分に取り除いてください。
塗装 「ウレテイト水性2液オーバーコート」(100部)を攪拌機で攪拌しながら、
硬化剤(7部)を徐々に添加し均一に混合します。
例:主剤 / 硬化剤 = 14kg / 1kg(約100:7)で使用します。
2液混合後、専用アプリケーターで塗布します。
20~40
[g/㎡]
乾燥 ホコリの流入が無い様に気をつけて、換気をしながら乾燥してください。
塗装後は3日以上の養生期間を取ってください。
適切な養生期間は気温・湿度により大きく影響されますので、
ヒールマークが異常に付き易い場合は更に養生期間を取ってください。
また、激しい運動は更に10日間程度、ラインテープは1ヶ月程度使用を
避けて下さい。

施工上の注意

  1. WAXを使用していた床への塗装は十分にWAX剥離して下さい。WAXが残っていると密着不良の原因になります。
  2. 気温が5℃以下、相対湿度が85%を超えるような環境下では水の蒸発が著しく遅れ、十分な塗膜性能を得られない場合がありますので、塗装環境を調整できない場合には塗装を避けて下さい。
  3. 塗装後に塗に触れても跡がつかない程度まで乾燥した後には送風や十分な換気を進めて下さい。
    特に風通しの悪い場所は乾燥が遅れる場合があります。塗装の翌日には完全に乾燥させて下さい。
  4. 樹脂WAX・溶剤型塗料を塗装した羊毛モップや刷毛を使用しないで下さい。
  5. 主剤・硬化剤を配合後、ポットライフ(3時間)を過ぎた塗料は使用しないで下さい。
    ※高温時(液温が高い場合)はポットライフが短くなるのでご注意ください。
    ※可使用時間の目安

    2液混合時の液温 10~20℃ 20℃ 30℃
    2液混合からの時間 3時間 3時間 1時間

    ※液温が30℃以上での使用は避けてください。

  6. 攪拌は、ハンドミキサーなどによる機械攪拌を行ってください。
  7. 屋外での貯蔵はさけて下さい。(0℃以下の保管は塗料が凍結する可能性があります)
  8. 塗料及び、洗浄した水道水は産業廃棄物として処理して下さい。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

関連記事

  1. 同構造の体育館床・時の経過によるコンディションの違いはなぜ生まれた!?

  2. 今シーズンの日本シリーズを振り返る

  3. テニス(硬式テニス)のルール

  4. VAL6miniF1

    体育館や武道場の暖房に省スペース薄型赤外線灯油ヒーターVAL6miniF1

  5. プール写真

    子どもが泳ぎをマスターするために使われているグッズとは!?

  6. 野球観戦の楽しみ方を増やす2つのポイント