スポーツ関連記事

私がスポーツを通して学んだ事

私が部活動で学んだ事

部活で学んだこと

 

私は高校サッカーがテレビで放映されていることに影響され、中学の時にサッカー部に入りました。
サッカーだけに限らず部活動で学んだ事は、目上の人に対する接し方です。
具体的には言葉遣や気遣い・態度などですが、特に今でも覚えているのは、キックの練習でまだ真っ直ぐけることができない私が「今日は調子悪いなぁ」と先輩に言ったことに対して、「上級生に対してその言葉遣いはないだろ。それに全然練習もしていないんだから調子が悪いんじゃなくて、できないのは当たり前だろ?」と言われたことです。
敬語を使わず、それに自分は本当はもっとできるんですよ、と言っているような話し方をしてしまったのです。
今思い出すと恥ずかしいのですが、このことを言われた時から、言葉遣いや考え方、態度を見直すようになりました。

練習や試合に出た経験が今に生きる

学んだ経験が今に生きています

練習や試合に出た経験が今に生きていることもあります。
練習では一度、チームメイトを押しのけてシュート練習をした時がありこの時も他の人に注意されました。
スポーツではライバルと戦って勝つという意識は大切ですが、押しのけて練習をするくらいなら、自主的に居残ってやることがまず必要だったと思います。
それもせずに練習時間の中だけでもっと、と考えるのは自分勝手だということです。それに試合の中でも今でも後悔することがあります。
今でも覚えている地区予選の決勝、0対0のまま延長戦を戦っていた場での出来事です。延長後半、両チームともいまだ点数が入らず、このままPK戦かと思われた時間帯。
私は左サイドバックだったのですが、相手のフォワードが自チームのスローイン場所にわざと近づいていくのが見えました。
「近づいてボールを貰うふりをしてゴールの方にダッシュしてくるだろう」と読んだ私は、足で負けない自信があったので、わざとその誘いに乗りました。
そして相手がボールを受けたのを見計らって奪おうとしたのですが、私の後ろには心配したチームメイトが来ていたのです。
それに気づかなかった私はチームメイトとぶつかり、その結果得点を許してしまい、負けました。
チームメイトは私に謝ったのですが、その場を想像すると万が一にも得点は与えられない所だったので、心配して当然でした。
私の声掛けが足りなかったと反省しています。
この時の経験を踏まえて、周りの気持ちを考え自分から声をかけることがいかに重要かということを、私はスポーツを通して学ぶことができました。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る