スポーツ関連記事

私が習ったバドミントンの練習方法

私が習ったバドミントンの練習方法

こんにちはコートラインプロの小林です。
高校の頃、バトミントンをやっていたので、その練習方法を紹介したいと思います。
私もエキスパートではないので教えてもらった通りに紹介します。

ラケットの持ち方

まずは、形やフォームの前にラケットの持ち方、こんな所から始まりました。
有名な話しみたいで包丁を握るように親指は上に添えて、人差し指、中指は軽く握るようにして持ちます。
力を入れたり抜いたりしてグリップ感を確かめます。ある程度ラケットの持ち方が分かりましたら、次は構え方に入ります。

基本的な構え方とは

シャトルを打つのはまだまだ先です笑。基本的な構え方がありますが、最終的には自分のやりやすい構え方になってしまいます。
それも基礎あっての応用だと思いますので、基本を紹介します。
基本の構え方は、利き手側の足をすこしだけ前に出して軽い中腰のような体勢になります。
逆足だと、バックハンドの時に足に引っ掛けてしまう事がありとてもやりにくいそうです。
ちなみにそちらがやりやすいという方ももちろんいます。
構えの体勢がとれましたらそのままラケットを右、左と交互に振ります。
素振りみたいな物ですね笑。ここまで行きますと、ラケットの握り、構え、振り方が出来ました!次はステップです。正直これはかなりきついトレーニングです。
基本的には右利きの人は右足が常に前にある状態です。バトミントンは決して走ってシャトルを追うスポーツではなく、常にステップを踏んで対処します。
心がける事は、常に利き手側の足を前にしてステップを踏む事です。
これは体で覚えるのが一番ですが、体力を非常に使います。しっかり下半身も鍛える事が大切です。
ここまでがシャトルを使わない基礎の動きになります。

基本を覚えたらシャトルを使ってみましょう

持ち方、構え方、振り方、ステップの踏み方、ここまでをある程度できましたら初めてシャトルを使います。
バトミントンにはドライブ、クリア、スマッシュ、ヘアピン、カットなど様々な技がありますが、もちろんやりやすく難易度が優しいものからやっていくと動きの感覚やシャトルの感覚が掴めて良いかと思います。
私的な順番は、クリア、ドライブ、カット、ヘアピン、スマッシュって感じです。決して一人では練習出来ないのでお相手の技量にもよります。
あまり技に触れる事が出来ませんでしたが、参考になりましたでしょうか。
とても楽しいスポーツです。
是非やってみてください。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る