スポーツ関連記事

水中運動と陸上での運動で体への負担が少ないのはどっち?

 水中運動と陸上での運動で体への負担が少ないのはどっち?

地域のプール施設を利用

水中運動は陸上で運動をするのと比べて、足腰に負担が掛かりにくいとされています。
水中でのトレーニングは、足腰が弱くなっていたり、腰痛に悩まされていたりする高齢者でも挑戦しやすく、おススメです。
必ずしも泳がなければいけない訳でもなく、水中ウォーキングやエアロビクスで、筋肉を鍛えるトレーニングができます。
また、水中では陸上と比べてカロリーの消費量が多いところも魅力です。

運動する機会が少ない人には特におススメです

運動する機会が少なく、効率よくしっかりカロリー消費したいと考えている高齢者には、水中でのトレーニングが大いにおススメできます。
自分で水中を歩くだけでもトレーニング効果はありますが、よりトレーニングの効果を上げるにはスポーツジムなどで施しているレッスンを受講するのが良いでしょう。
初心者でも参加しやすいレッスンを開講しているところが多いので、気軽に参加してみるのもいいですね。
水中エアロビクスは、音楽に合わせて動けることから、トレーニングを楽しく快適に行いたいと考える人に向いています。
水中で運動をするメリットとしては、体に水圧がかかり、血液の循環が良くなる点も挙げられます。
水中でのトレーニングを習慣付けることで、心臓病や脳卒中を招く高血圧を予防し、健康な日々を送ることができるのです。
水の抵抗に逆らって歩く水中ウォーキングは、自分のペースでゆっくり歩行した場合でも、しっかり筋力を鍛えることができます。
また、ジムによってはシンクロナイズドスイミングのレッスンを施しているところもあり、憧れのスポーツを体験しながら、体力増強ができます。
スポーツジムでのレッスンに参加することにより、仲間ができて、社会的な接点が増えるところも魅力です。
30分程度のレッスンの受講でも十分なトレーニングができる水中での運動は、体力に自信のない人やあまり運動が好きではない人でも継続しやすくおススメです。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る