シュートが面白い!チュックボードとは!?

シュートが白い!チュックボードとは!?

スポーツ女子

ゴールデンエイジってよく聞くけど、どんなことなの!

ツカサ

スポーツを学ぶのに大切な時期だよ!
短い期間で身長が何cmも伸びたり、骨格が良くなったり、そういった成長の過程ごとで適切な運動をしていく必要があるんだ。
指導する側もしっかりと抑えておきたい知識だね。

さまざまなスポーツがとても身近な存在となっている事で、自身が最も楽しめるスポーツをチョイスする事が出来ています。
バスケや卓球、野球やサッカー等多くのメジャーなスポーツが多々存在していますが、近年注目されているスポーツもあります。

【その名は】

それは「チュックボール」です。
1970年にスイス人のヘルマン・ブラントによって考案され、日本では毎年3月の第一日曜日に群馬県前橋市にて日本選手権が開催される程、人気が高いスポーツともなっています。

チュックボールはハンドボールと似ていると思われますが、独自のルールが満載となっています。
そんなチュックボールについてご紹介します。

【どんなスポーツ!?】

まずチュックボールはエンドライン上に設置されたネットに向かってボールをシュートするスポーツとなっています。

しかしハンドボールと大きく異なる点はネットにシュートしたから得点なのではなく、ネットに跳ね返ったボールを守備がノーバウンドでキャッチ出来ない事で得点が加算されるスポーツです。
その為、ハンドボールではシュートしたボールのスピードが速くてキャッチ出来なかったり、ボールが当たる事でケガや事故に繫がるリスクが抑えらる事で、多くの方が楽しめるスポーツとなっています。

【ルールは!?】

チュックボールの公式ルールではプレーヤーは9人となっていますが、日本においてはバスケットのコートが使用される事で7人体制となっている事が多いのです。
またルールはドリブルが禁止されておりパスワークのみ、ボールを持って3歩移動可能、ボール保持は3秒以内、パスミスでボールを落としたら落とした位置から攻守交替といった独自のルールがあります。

また相手へのポイントが加算されるルールもあります。

シュートミス、シュートしたボールが跳ね返って自分に当たった時、ネットの跳ね返りでコート外へ出た時等力加減も考慮して行わないと負ける事もあるスポ―ツとなっています。
さらに相手チームのシュートやパスの妨害は反則となる事で、焦らず落ち着いてゆっくりと行えるスポーツとなっており、高齢者や女性も楽しめるスポーツとなっています。

チュックボールは競い合う事でも楽しめますが、レクリエーションにもピッタリなスポーツなのです。

関連記事

  1. VAL6miniF1

    体育館や武道場の暖房に省スペース薄型赤外線灯油ヒーターVAL6miniF1

  2. プール写真

    子どもが泳ぎをマスターするために使われているグッズとは!?

  3. そうだ!運動をしよう!!ご存知ですか?座りっぱなしのリスク

  4. ”する”だけでなく”みる””支える”を施設に取り入れることで生まれる変化とは!?

  5. スポーツを通した、身体的・精神的メリット

  6. フットサルの魅力と長野県フットサルコート情報