卓球女子、新時代の幕開けか!?

卓球女子、新時代の幕開けか!?

 

今年の全日本卓球選手権で平野美宇選手が石川佳純選手に勝ち16歳での優勝が衝撃的でした。

昨年のリオ五輪で日本は団体戦で銅メダルを獲得しました。

福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手の活躍が目につき福原愛選手は一線を引いている感がありますが、石川選手の充感と伊藤選手の成長が注目されていました。
今年の全日本選手権はこの2人に注目が行きましたが、石川選手は順調に勝ち進みましたが、もう一人決勝に勝ち進んだのは平野美宇選手でした。

思えば昨年の決勝も同じカードでしたので、こちらも順調なのでしょうが、一般の見方からすると伊藤選手が来るものと思っていた人が多かったと思います。

昨年の決勝は守備型の平野選手に対し、石川選手の強烈なバックハンドによる攻撃で圧倒。
4-1で石川選手が勝利をおさめました。

平野選手はその攻撃力に対応出来ていなかったと見えました。

その後平野選手は五輪選考で補欠になりあまり目立った存在ではなくなりました。
五輪の会場で日本選手の活躍を見守る姿が何度もテレビに映し出されていました。

それでも五輪後、アジア選手権で中国選手を破り優勝をおさめるなど、五輪の悔しさを晴らすためにしっかり鍛えてきた印象がありました。
そして全日本の決勝、4連覇を目指す石川選手の風格は盤石なものがありこれ打ち崩すことは難しいのでは思っていましたが、試合が始まると平野選手の攻撃力が強烈で石川選手が押されていました。

昨年の印象だと平野選手は石川選手の攻撃に対し、受けに回ってからのカウンターという戦法を取り常に劣勢という感がありましたが、今年に関しては先手先手で攻め続け、石川選手がアタックを仕掛けたボールも逆に打ち返し、石川選手が反応できずに困惑の表情を浮かべるシーンが多々ありました。

会場の雰囲気もまさかの平野選手のプレーにどよめきを隠しませんでした。

その後も平野選手が連続ポイントを奪うシーンが多く圧倒していましたが、そこはさすがの石川選手、劣勢ながらもきわどい球を返しミスを誘いゲームカウントを2-3までに戻しました。
第6ゲームは平野選手が一気に決めにかかり、石川選手が凌ぐ場が見えましたが、パワーあるショットで圧倒して最後は勝ち切り平野選手が優勝しました。

日本女子の第一人者の石川選手が16歳の平野選手に敗れました。

卓球女子に新時代が来た感じがしました。

関連記事

  1. スポーツ施設をリニュアール!『スナップスポーツ -アスレチックサーフェス-』

  2. 体育館の床が滑りやすくなる理由とは

  3. 体育館床フローリングメンテナンスについて

  4. スポーツフロアーに求められる性能とは?

  5. 体育館床スポーツフロアー新設

  6. 体育館床フローリング張り替え補修・修繕メンテナンス事例